タケワキ住宅建設社長ブログ タケワキ住宅建設社長ブログ

タケワキ住宅建設社長ブログ
 

東松戸の家リフォーム工事

東松戸で進めていましたリフォーム工事がこの程完了致しました。

こちらの家は中古住宅を購入して自分達の好きなように様々なところをリフォームしました。
(後で伺ったのですが、最初に何社か候補の工務店と話をした中で私たちが一番やりたいことを実現してくれると確信して頼んでくれたそうです。Y様有難う御座います!)

工事は2期に分けて1期工事では断熱工事を中心とした外廻りを、
その数ヶ月後の2期工事では水回りを中心した内部の方を行いました。

それぞれの部分について、一つ一つ丁寧に打合せを重ねながら決めていったので
最初にお話しを頂いてから完成まで1年半という時間がかかりましたが、
その分出来上がった時のY様の喜びもひとしおでした。

1期工事で作った強化ガラス屋根付きの大きなデッキ

パーゴラ・デッキ

2期工事でガラリと変わったキッチンや水回りでは、事前にスケッチアップで完成イメージを作成しました。

キッチンスケッチアップ

完成時の実際の写真(家具はまだですが、ほぼイメージ通りになりました)

八島様完成ダイニング

Y様、長期間に渡り本当にお疲れ様でした。打合せは大変だったと思いますが自分達の納得のいくものが出来て
私たちもとてもやりがいのある仕事でした。またいつか第3期工事も宜しくお願い申し上げます。

 
 
 

木で、未来をつくろう!in千葉県

弊社の家造りでは国産材を使用していますが、全国規模で見ると私たちの廻りに木は沢山あるのに余り使われていないのが現状です。
国の方でも国産材の利用を促す為に様々な施策を打っていますが、
今回その一環で、現在行われている木材利用ポイントのシンポジウムが千葉県でも行われることになりました。

木で未来をつくろうin千葉

私もパネラーの1人として当日登壇します。
もしご興味が有る方はネットからでもお申し込みが出来ますので、是非ご参加下さい。

 
 
 

木造応急仮設住宅の建設に関する協定締結

東日本大震災の際には福島県で木造の仮設住宅が約900戸建てられましたが、
その後全国の各都道府県において、このような木造の応急仮設住宅が有事の際に
速やかに建てられるように協定を順次結んでいます。

千葉県でも私が会長を務めている全国木造建設事業協会千葉県協会と
千葉県において、先日この協定が締結されました。

協定3

高橋副知事からは「協定締結により千葉県の災害時の備えが一層強化され、応急仮設住宅の供給体制がより整備されたことを大変心強く感じていると」とのお言葉を頂きました。

災害はいつ起こるか全く分かりませんが、万が一起こってしまったときに迅速に対応するためには普段からの準備が重要になります。

先日も訓練を行いましたが、これからより強固な体制を整えて参ります。

 
 
 

大工育成塾入塾式

先週は弊社では3人目となる大工育成塾の塾生になった宮本君の入塾式に出席してきました。

大工育成塾入塾式

大工育成塾は今年で12年目になり、2年目に入塾してきた篠塚君も卒業後、社員大工として現在も現場を任せられるほど成長しました。

去年卒業した渡辺君も実家でお父さんと一緒に頑張っています。

日本の大工さんは年々減少していますが、こうして若い人達が大工という職業に魅力を持って来てくれるのはとても嬉しいことです。

これから3年間現場で修行して地道に仕事を覚えて1人前の大工になることを期待しています。

そしていつか自分の家を自らの手で建てることを目標としているので、是非実現させて欲しいですね。

 
 
 

JBN次世代の会

毎月1回全国の若手工務店経営者が集まって勉強会を行っているJBN次世代の会ですが、今月は千葉が担当になって、弊社とちば木造建築ネットワークで一緒に活動してくれている水戸工務店さんの現場を視察に来て貰いました。
弊社の現場は現在我孫子で建築中の木組みの家を見てもらい、当日は設計の松井さんも来られて木組みの家の良さと大工の技能の重要性について参加された皆さんに語って頂きました。
次世代のメンバーの中にも松井さんと交流のある方がいて話が盛り上がっていました。
次世代吉沢邸
場所を移して水戸工務店さんの社屋にて、小林会長よりこれまでの工務店経営についてとても参考になるお話しをしていただきました。
次世代水戸工務店
このような同じ立場の経営者同士で様々な議論や視察を行うことはとても勉強になります。
今後も進化する工務店を目指していきたいと思います。

 
 
 

性能向上リフォームセミナー

タケワキ住宅建設では新築工事の他にリフォーム工事も沢山ご依頼を頂いていますが、その中でも内外装の模様替え以外にも、耐震・断熱・バリアフリー等のいわゆる性能向上リフォームといういわゆるリフォームとは異なる内容も手がけております。

去年から委員として活動しているJBNの既存改修委員会では、この性能向上リフォームを工務店がどうしたら出来るか全国を廻ってセミナーを行っています。

DSC01896_convert_20140301192857

先日、私もメンバーとして熊本の工務店の方々に自社を含めた事例発表に行ってきました。

DSC01900_convert_20140301192841

普段新築やリフォームを手がけていても、この性能向上リフォームまで扱っている工務店はまだ多くありません。
参加された方々はこれから増加していくことを理解されていて真剣に聞いていました。

現在国の方向性として、新築は長期優良住宅を標準にしていこうとしていますが中古流通で行われるリフォームもその後長く使えるように長期優良住宅化を目指してこの3月から補助金を使った取り組みが始まります。

タケワキ住宅建設でも、この補助金を使った性能向上リフォームが可能ですので検討されている方は是非ご相談下さい。

 
 
 

千葉県応急仮設木造住宅研修会

現在、千葉県との災害協定の準備を進めている、全国木造建設事業協会千葉県協会の活動の一環として、
千葉市のポリテクカレッジにて木造の仮設住宅の研修会が昨日行われました。

この通称全木協千葉は工務店の団体であるJBNと、職人の組合である全建総連のそれぞれ千葉県の団体である、
私が会長を務めているちば木造建築ネットワークと千葉土建を中心とした団体が連携して去年の11月に発足した協会です。
目的としては万が一震災などの災害時に必要となる仮設住宅を木造で建てられるようにすることが主になります。
午前中は全木協の取り組みと施工についての座学を、午後は実際の仮設住宅の骨組みを大工さん達が建てる実施訓練を
行いました。
kasetu2_convert_20140214191845.jpg
kasetu1_convert_20140214191831.jpg
講義は全木協東京都協会から池田会長と鈴木副会長に来ていただき、説明を受けました。
(お二人はいつも一緒にJBNで活動している次世代の会の副会長と会長になります)
kasetu4_convert_20140214191911.jpg
午後の実技はまず建物の位置を出してから、木杭で基礎を造ります。
(普通の住宅は基礎はコンクリートですが、仮設住宅では木杭を使います)
大工さん達の連携も良く予定よりもかなり早く順調に組み上がりました。
当日は報道関係の方々も何社か来られて、NHK千葉の記者からもインタビューを受けました。
1911902_587487054654705_2072023371_n_convert_20140214191817.jpg
その模様は翌日の朝7時のニュースで放送されました。
DSC01873_convert_20140214192854.jpg
私たちの活動を広く知ってもらう機会を頂いて有難く思います。
災害はあっては欲しくないですが、もしもの時の為に少しでも役に立てるよう
普段からの準備を地道にこれからも行って参ります。

 
 
 

我孫子の家 構造見学会~上棟式

少し寒さが和らいだ日曜日、先日建て方を行った我孫子の家の構造見学会が御施主様のご厚意により開催されました。

10時の開始直後から15時まで、お昼休み以外はずっとお話ししていましたのであっという間に夕方になってしまいました。
見学に来られた方々には木組みの家の丈夫さが実感されたことと思います。
夕方には御施主様ご家族がいらして上棟式。
DSC01837_convert_20140201171902.jpg
建物の四隅にお清めをしてから場所を変えてお店にて直来を行いました。
美味しいお酒と料理に舌鼓を打ちながら、大工共々楽しい時間を過ごさせて頂きました。
Y様おめでとう御座います。建て方の時に息子さんが1日中見ていらしたことは一生記憶に残ると思います。
これから徐々に出来上がっていきますので、完成まで是非どんどん見にいらして下さいね。
DSC01831_convert_20140204155621.jpg

 
 
 

~つながりはうす~地鎮祭

からりと晴れた空の下、つながりはうすの地鎮祭が執り行われました。

こちらの家は親子三代で仲良く住めるように、家の外と中の動線をよく考えて設計しました。
玄関は別々だけど中のホールの引き戸1枚で行き来が出来るようにしたり、家事が楽なようにぐるぐる廻ったり、
最短距離で行けるようにしたりと様々な工夫が施されています。
これから地域型ブランド化住宅「結」の家の長期優良住宅の申請をしてから着工しますので、
完成は夏頃の予定です。
木材利用ポイントと「結」の家の合計で約120万円の補助金も使えます。
S様おめでとう御座います!ご家族での賑やかな暮らしを楽しみになさってください。

 
 
 

我孫子の家 上棟

去年の秋から作業場で原田大工と篠塚大工が墨付け・刻みを行ってきました
我孫子の家が大安吉日の今日、無事に上棟を迎えました。
こちらの家は伝統工法の木組みの家で設計は松井郁夫建築設計事務所さんです。

在来工法では筋交いや面材を使って耐力壁としますが、こちらは柱に何段も貫通した通し貫というものを入れます。
(原田大工が篠塚大工に教えるために通し貫に更に渡りと下げ鎌を施していました。)
IMG_6393_convert_20140118194225.jpg
通し貫や足固めがあるため、簡単には梁も入っていきません。こっちを入れるとあっちが入らなかったり、
まるで3次元のパズルのようです。
それを大工のチームワークで次々に組み上げていきます。
IMG_6402_convert_20140118194240.jpg
1階の胴差しが決まったところで丁度お昼に。
御施主様から、お弁当と暖かい豚汁の差し入れを頂きました。
今日みたいな寒い日にはとっても有難いです。(ご馳走様でした!)
IMG_8074_convert_20140118194252.jpg
午後は一気に棟上げまで進み、夕方暗くなるまでに目標の登り梁まで組み上げることが出来ました。
その後はいつものようにブルーシートで養生をして本日の建て方は完了!
Y様、おめでとう御座います。朝早くから日が暮れるまで長時間に渡りご見学頂けて思い出に残る建て方になりましたね。
これから完成まで職人のチームワークでしっかりと造っていきますのでいつでも見学に来て下さい。

 
 
 

謹賀新年 2014

明けましておめでとう御座います。
タケワキ住宅建設は本日より新年の仕事始めです。
昨日は毎年恒例の廣幡八幡宮さんへ大工さん達と一緒に安全祈願に行ってきました。

今年もおかげさまで1月から上棟・地鎮祭と続きますが、外での役職もまた増えてますます走り回る日々になりそうです。
体調を崩さないように気をつけながら頑張って参りたいと思います。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 
 
 

お好み焼き もみじ 上棟式


爽やかな秋晴れの中、市川市にて「もみじ店舗」の建て方が行われました。
こちらは新たにお好み焼き屋さんとして建てられる建物で
来年春の完成を目指してまずは上棟まで漕ぎ着けました。
これから外部の工事が終わり次第、1階の店舗工事が始まります。
お店の名前である「もみじ」はお爺様が昔営んでいた名前をお孫さんが受け継いで、
これからも親子3代の強い絆で大事に守り続けていきます。
オープンの際はまたお知らせしますので、お近くの方は是非いらして下さいね。
設計:浅沼一級建築事務所

 
 
 
 
 

ページトップへ