スタッフブログ スタッフブログ

スタッフブログ
 

『心和の家』セルローズファイバー吹込み施工を行いました。

現在、松戸市で工事を行っている『心和の家』で、断熱材『セルローズファイバー』の吹込み施工を行いました。

心和の家 セルロースファイバー吹込み施工

私たち日本人にとって、「かやぶき屋根」に代表される家づくりは自然と共に生きる知恵のカタチであり、その秘密は身近な天然素材の活用にありました。豊かな実りの後に残った『藁』という素材です。 その秘めたる力を利用し、厳しい寒・暑・湿から身を守っていたのです。その知恵を現代建築に生かしたのが、このセルローズファイバーを使った断熱工法です。

セルロースファイバー

セルローズファイバーとは、回収された新聞紙古紙を原料とした再生エコロジー断熱材です。これに麻とホウ酸を加えたものが、上の写真のような断熱材になります。

 

 

セルローズファイバーの特徴について、少し説明します。

 

・セルロースファイバーとは、新聞古紙を再利用してできた自然素材の断熱材です。セルロース繊維は植物性の繊維であり、人体に入るようなことがあっても蓄積されずにそのまま排出されます。

 

・セルローズファイバーの最大の特徴は、湿気を吸って吐くことです。新聞紙を原材料としているので、高い調湿性能があります。湿気が多い時には吸い、空気中に湿気が少なくなってきた吐き出す。この性能があるため、室内や壁内の結露を軽減させることができます。

 

・ホウ酸による防燃処理がしてあるので、もしもの火災でも材料は焦げるだけです。そして、ホウ酸は揮発性がないため人体には影響がありません。カビや菌の発育を阻止し、鼠、ゴキブリ、白アリなどの害虫も寄せ付けない防虫性能もあります。

 

・火災の時、グラスウール等は施工が隙間気味になっている為、燃えにくいという事はありません。石油化学系の断熱材の場合は、燃え広がれば一気に燃え上がってしまいます。特に石油化学系断熱材では、火災時に有毒ガスが発生し大変危険です。しかし、セルローズファイバーは隙間のない施工が可能なので、表面が炭化してそれ以上 酸素が供給されない為、燃え広がりません。また、有毒ガスの発生もありません。

 

・セルローズファイバーは、反発力のない綿状の繊維なので時間が経つと徐々に沈下をし上部に隙間が出来るという問題があります。この問題を解決するため『麻』の繊維を均一配合する事により、ファイバーの荷重を支え、沈下を防止させる事を可能にしました。すき間の多い木造住宅では難しい防音対策ですが、高密度施工により高い防音効果が得られます。

 

・もしもの雨漏りでも、撥水処理により水をはじくので早期発見が可能です。 水を吸って材料がダメになったり木部を腐らせるのを防ぎます。

 

・接着剤を使わない乾式吹込工法が可能です。高い断熱性能で消費エネルギーを少なくするので、光熱費も安上がりです。

 

 

以上。長くなりましたが、、、

セルローズファイバーが隙間なく充填されているか?厚みはあるのか?を調べるため、一部シートを剥がしてみました。

心和の家 セルロースファイバー吹込み施工

心和の家 セルロースファイバー吹込み施工

心和の家 セルロースファイバー吹込み施工

セルローズファイバーがコンセントボックスの端まできちんと充填されており、厚みも十分にありました。ホースで吹き込むだけなのに、すごい技術です。

この様子を、お施主様もご覧になり、とても安心したようです。。。(^▽^)。。

 

セルローズファイバーを使用した住宅は、安全で耐久性があり、環境にやさしい特徴があります。例えイニシャルコストがかかっても、 長い目で見れば非常に割安です。

記:那須美樹

 
 
 

大工さんのスゴ技 ~お掃除のことも考えて~

昨年、お引き渡しをさせて頂いた『白井の平屋』ですが、
大工さんの長年の経験からの”気遣い”が感じられるところがあります。
 

玄関の扉が壁の中に引き込まれる形になっているのですが、
毎日扉を開け閉めしていると、どうしても砂や埃などが一緒に壁の中に入ってしまいます。
 
するとレールの上に砂や埃がつもり、
開け閉めの度にガタガタとするようになってしまうのです。
 

白井の平屋
そこで、扉の下の壁の一部が取り外しができる様に加工しました。
これで、ほうき等で砂や埃を掃き出すことができます。
 
 
白井の平屋
部材は、はめ込んでいるだけなので簡単に取り外しができます。
 
お家は建ててから何十年と住む場所なので、こういったメンテナンスのことも考えてあると心強いですね。

 
 
 

完成見学会の様子

 

先日の土・日、松戸市内にて完成見学会を開催致しました。
この日は近くの小学校でドッジボールの大会をやっていて外はとっても賑やかでした。
完成見学会の様子

通りがかりの近所のおばちゃんが声を掛けてきて

「ずっと見ていたけど、完成したのね。いい家ね。」

と言っていただき、嬉しいです。ホントにいい家なので!(*^^*)

今回、見学会に来られなかった方は次回の完成見学会には是非
タケワキ住宅建設のつくる木の家を見にいらしていただきたいです!!

 

玄関に入ると珪藻土の壁に家族の手形が♪
末っ子ちゃんの手形が赤ちゃんなのでちっちゃくてかわいい❤

手形

 
完成見学会の様子
壁は珪藻土。
床はナラの無垢材です。
ナラは家具や洋酒の樽や船の材料として昔から使われています。
硬さがあるので、傷の気になる方にもおすすめです。
木目がはっきりと美しいのが魅力的な床材です。
色合いが素敵ですね。

 

こちら、外水栓がとってもかわいいのです。
完成見学会の様子
 
中を覗くとお花が♪

 

完成見学会の様子

 

 
シンクスタンドを付ければ使いやすい高さで使用できます。
立ったまま子供の上履きなど洗えるから使い心地抜群ですね。

 

完成見学会の様子
 
レトロなのにどこかモダンでかわいい、モザイクタイルって好きです(*^^*)

 

夕方になるとドッジボールの大会も終わり、たくさんの人が道路を歩いていました。
松戸市ではドッジボールが盛んで、年間10回位は各小学校で大会が開催されています。
松戸市出身の私も子供の頃、ドッジボールのチームに所属していました。
ボール取るのが恐かった…(^_^;)

 

ご来場いただきました皆さま方、誠にありがとうございました。
見学会開催にご協力いただきましたお施主様には心から感謝いたします。
N様、竣工おめでとうございます。

 

記:廣木美奈子
 
 
 

珪藻土の壁に家族の思い出の手形を残しました!

今月の28日(土)、29日(日)の10:00~17:00 松戸市西馬橋にて見学会を開催いたします。

 

リビングにあるみんなの机や、ボルダリングの出来る壁、ぐるぐると回ることのできる動線など
子供たちがワクワクとする仕掛けがいっぱいのお家です。

 

玄関ホールの珪藻土の壁には、家族の思い出の手形を残しました。

 

将来、子供達が大きくなった時、

『お家を建てた時、私たちこんなに小さかったんだ~』

と仲良く話す姿が、今から想像できますね(*^-^*)

 

家族みんなの想いを奏でる想奏の家。是非見にいらしてください。

たくさんのご来場、心よりお待ちしております。

 

想奏の家 手形

 
 
 

謹賀新年 2017

廣幡神社
 
新年明けましておめでとうございます。
 
昨日は、毎年恒例の柏の廣幡八幡宮さんに社員・大工一同で安全祈願のお参りに行ってきました。
 
昨年も無事故で無事それぞれの家をお引き渡しすることが出来ましたが、今年もより一層気を引き締めて怪我無くより良い家造りを目指します。
 
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 
 
 

小学校でキャリア教育授業を行ってきました。~建築士の仕事って?~

キャリア教育授業

先日、子供達が通っている小学校より依頼があり、6年生の児童に向けてキャリア教育授業を行ってきました。
 
 

キャリア教育とは、望ましい職業観や職業に関する知識を身に付けさせ、自己の個性を理解し、主体的に進路を選択する能力・態度を育てる教育のことです。
 
「キャリア教育」という用語は、1999年に公の文書に登場した新しい言葉ですが、実は、これと同じ意味の用語を今までも使っていました。「進路指導」です。
 
これまで「進路指導」というと、学業成績によって進路を「選択」することを重視した指導であったり、偏差値を基にするなどして、中・高等学校の卒業前に集中的に行われる指導だったため、本来の意味からかけ離れた意味で用語が使われて、広く誤解されてきました。
 
「進路指導」は、その誤解を解き本来の姿を取り戻そうとして「キャリア教育」という名称でリニューアルし、近年、小・中・高等学校で「キャリア教育」を推進する動きが活発になっているそうです。
 
 
今回、私は建築士の仕事について説明しました。
キャリア教育授業
建築士の仕事内容や、建築士になるためにはどうしたら良いか。
 
次に家づくりの流れを説明したり、木材の性質について解説したり、、、
皆さんメモをとりながら、真剣に聞いてくれました。
 
 
最後には、質問コーナーも。
「なんで、建築士という職業を選んだのですか?」
「仕事をしていて一番嬉しかったことは何ですか?」
「一番大変なことは何ですか?」といった質問や、
 
「なんで大工ではなくて、建築士を選んだのですか?」
「お給料はいくらぐらいですか?」といった質問も。。
 
ドキドキ、ヒヤヒヤしながらも何とか、答えることができました。。
 
 
今回の授業を受けて、将来この中から建築や住宅に興味を持ってくれる子供が一人でも多く出てくれたら良いな。と思います。
 
 
記:那須美樹

 
 
 

『白井の平屋』 完成見学会を行います。

11月26日(土)に『白井の平屋』 完成見学会を行います。

 

 

お子さんが独立して、ご夫婦2人きりの生活。
「終の棲家は木の家で。」という奥様の願いを叶えてあげたいと、

旦那様の思いやりが沢山詰まった平屋のお家です。
直線の空間と水平の空間の高さの違いにより、

コンパクトながらも空間の変化を楽しめる設計となっております。

白井の平屋 内観

文庫本が収納できる本棚も、こだわりの一品です。

 

 

白井の平屋 内観

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リビングの大きなガラスの存在を感じさせない繊細なディテール。

 

是非この機会にご参加下さい。

見学会参加のご連絡をお待ちしております。

 

 

基本設計・監修:松井郁夫建築設計事務所

実施設計・施工:有限会社タケワキ住宅建設

 

 
 
 

縁起の良い庭木 『南天』

赤や白の小さく多数連なった実が美しい「南天」。

 

日本ではナンテンが「難転」~難を転じて福となす~に通じることから、
縁起木として愛されてきました。

 

南天

 

 

 

 

 

 

 

特に表鬼門(北東の方角)には赤南天、

白南天

 

 

 

 

 

 

 

裏鬼門(南西の方角)には白南天が尚良しとされています。

 

 

また、昔の家のお手洗いは家の外にあるのが普通で、

そのお手洗いの周りには必ずといっていいほど南天の木が植えられていました。

 

これは「南天手水」と称して、お手洗いに水がないとき、南天の葉で手を清めるためです。

 

もう一つの理由は、お年寄りがお手洗いで転んだり、倒れたりすることが多かったため、

「南天の木につかまる」(難を転ずる)ことが目的でした。

つまり、「不浄よけ」と「生活の知恵」の両方が備わっていたのです。

 

江戸時代になると、南天はますます縁起木として尊ばれるようになります。

江戸の百科事典『和漢三才図会』には、「南天を庭に植えれば火災を避けられる。とても効き目がある」という記述があります。

 

江戸時代にはどこの家にも南天が「火災よけ」として植えられるようになり、

さらには「悪魔よけ」として玄関前にも植えられるようになりました。

 

こうした習俗は今も日本の各地に残っています。

 

 

玄関先の南天

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのお家は、玄関前のインターフォンの植え込みに南天を。

ちょっとしたシンボルツリーにもなり、良くまとまっていますね。

 

 

 

実は弊社の入り口には、「柊南天」が植えられています。

ヒイラギも、鋭いとげで鬼を追い払う縁起の良い庭木とされているようです。

柊南天

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私達が毎日、こうやって元気に働くことができるのも、

ひょっとしたらこの柊南天のお陰かもしれません。

 

 

記:那須美樹

 
 
 

エアコンのクリーニング

 
エアコンのクリーニング
 
やらなきゃ、やらなきゃと思いつつ
ずっとやっていなかったエアコンのクリーニング。
先週、やっとお掃除して頂きました。
 
アパート暮らしの時は毎回 パルシステム でお願いしていたのですが、
今回はエアコンを購入した マツドサンヨー さんでもクリーニングを
やっている、とのことでしたのでそちらにお願いしました。
 
我が家は壁が漆喰なので、クリーニングで白い壁が汚されないか心配で…(;´Д`)
漆喰の壁なので汚さないように気をつけて欲しい…と、お願いをしたところ、
とても丁寧にお掃除をして頂けました。
 
エアコンのクリーニング
 
リビングは高い場所に取付けてあるし、和室は壁が真っ白だし、
さぞかし大変だったことだと思います…(*_*;)
 
クリーニングに来て頂いた業者さんは以前に長年、生協でのお仕事もされていた
とのことで、その時の経験から
「エアコンのクリーニングは石鹸を使用しています。」
とおっしゃっていました。
「家庭で使用しているエアコンだったら石鹸でも十分汚れが落ちますし、
手にもやさしいからゴム手袋しなくても手荒れしないですよ。」
とのこと。
マツドサンヨーさんにお願いしてよかった、と思いました(*^^*)
 
洗い終わったバケツの水を見せてもらったら、真っ黒…💦
汚れているだろうなと思っていたけど、想像以上に汚かった(>_<)
我が家のリビングはキッチンとのワンルームだから、油汚れもあるだろうな…。
 
寝室とリビングとで2台、クリーニングしてもらったのですが、
同じ年数を使用していても寝室の方はそんなには汚れていなかったそうです。
リビングのエアコンは毎年のクリーニングが理想だそうで、
寝室は2年に1回でも大丈夫でしょう、と言われました。
 
石鹸でお掃除して頂いたのでクリーニング後は
すぐに爽やかな風を感じられました。(*^^*)
 
記:廣木美奈子

 
 
 

建築用語って面白い

建築業者で使われている言葉は、興味深く面白いものが多くあります。

今回は、その一部分をご紹介しますね。

 

でんでん

写真の赤丸部分を、よ~く見てください。

雨樋の縦樋を外壁に固定する金属部材。これは何と呼ばれているでしょう??

 

 

この金物は、『でんでん』と呼ばれています。

 

でんでんだいこ

小さな子供をあやす、『でんでん太鼓』に似ていることから、こう呼ばれているそうです。

 
さて次は、『鶴首』です。

鶴首

軒樋を、垂木や鼻隠しに固定するための金物。

樋受け金物で、固定部分が長いものが鶴の首に似ているから、鶴首と呼ばれています。

鶴

優雅で長い首のラインが、確かに似ていますね。

 

 

最後は、『あんこう』です。

あんこう

あんこうとは、軒樋から縦樋へと移行する部分に設置する、集水枡の通称。

尻すぼみの大きな口をあけた姿が「あんこう」に似ているところから、この名前がついたそうです。

あんこうの吊るし切り

確かに、、似ていますね。

昔の大工さんたちが集水枡を見上げて、

「なんか、あんこうに似ているなぁ~」と作業の合間に話していたのでしょうか?

何だか面白いですね。

 

今度機会があったら、お家を見上げて、

「でんでん太鼓」や「鶴」や「アンコウ」を探してみて下さいね。

 

記:那須美樹

 
 
 

糸茄子と万願寺とうがらし

糸茄子と万願寺とうがらし
先日、新しく建てるお家の話を進めさせて頂いているS様より、

糸茄子と万願寺とうがらしをいただきました。

 

万願寺とうがらしは甘とうがらしの一種で、

京都府舞鶴市の万願寺地区で生まれた「ブランド京野菜」の一つだそうです。

伏見とうがらしと、ピーマンの一種カリフォルニア・ワンダーを交配して出来たとされています。

 

 

S様は、お家の隣に畑をつくり、そこで色々な野菜を育てているそうです。
ハーブ等も栽培していて、ティータイムにはハーブを収穫してハーブティーに!

ハーブティーはご夫婦で、畑の一角にあるベンチに座って楽しむそうです♪
なんて素敵なのでしょう。。

 

炒め煮
私は、いただいた糸茄子と万願寺とうがらしで”炒め煮”を作りました。

万願寺とうがらしは、辛いのかな?と思ったのですが、ほんのりと甘味があり、

糸茄子も実が柔らかく味がしみて、とても美味しくいただきました。

 

S様、美味しいお野菜をありがとうございました。

 

S様が心を込めてお野菜を作るように、

私どもも心を込めて、家造りをしていきたいと思います。

 

記:那須美樹

 
 
 

庭のみかんの木

 
毎年、2~3個しか実がならなかった庭のみかんの木。
なんで実がならないのかなぁ、と
毎年がっかりしていました。
 
でも、今年はこんなに実がなりました!
特別なことはしてないのでなぜだかはわかりませんが…💦
庭のみかんの木
 

みかん、かわいいなぁ~。
黄色くなったらもっとかわいいだろうな。
道から眺めるだけでニンマリしてしまいます(*^_^*)
 
記:廣木美奈子

 
 
 
 
 

ページトップへ