スタッフブログ スタッフブログ

スタッフブログ
 

お庭に小さなビオトープ

昨日、近所で開催している「観賞メダカ展示会」に行ってきました。

メダカ展示会
会場では品評会が行われていて、水槽の脇には投票用のカップが置かれていました。
このカップの中に、おはじきを入れて投票します。
 

メダカというと、少しベージュがかった色を連想しますが、、、
メダカ展示会
最近では、こんな鮮やかな色のメダカがいるのですね。
 

メダカ展示会
真っ黒なメダカも。
 

メダカ展示会
最近は、メダカを水槽に入れて横から鑑賞するよりも、鉢に入れて上から鑑賞する方法が人気だそうです。
このメダカは、背中の部分がキラキラとしていて綺麗でした。
 

睡蓮鉢
庭先に睡蓮鉢を置いて、メダカと睡蓮やホテイ草などの水生植物を入れて、、、
小さなビオトープを作るのも良いですね。
ボウフラもメダカが食べてくれるそうです。
 

これから暑い季節がやって来ます。
お庭にちょっとした、目で涼を楽しむ工夫をしてみてはいかがでしょう?

 
 
 

『悠遊はうす』お引き渡し

先日、『悠遊はうす』 お引き渡しの日を迎えました。

 

 

住まい手さま曰く、『「本当の木の家に住みたい。」と、インターネットで地元の工務店を検索していたところ、タケワキの施工事例の写真を見て、「自分たちの求めていた家はこれだ!」と思った。』とのことで(ありがとうございます!)、弊社をご指名いただきました。

悠遊はうす お施主様と

「こんなすごいおうちがつくれるなんて、だいくさんってすご~い!」

とお子さま達から、嬉しいお言葉。

 

 

悠遊はうす 外観

紺色のガルバリウムと、白い漆喰とのコントラストが爽やかな外観です。

 

 

悠遊はうす リビングダイニング

お家の中は天井も床も無垢の杉板で、木の香りがいっぱいです。

 

 

これから、ご家族で素敵な思い出を沢山つくって下さいね。

 

 

 
 
 

大工さんのスゴ技

現場に行くと、毎回大工さんの『技』に感心してしまいます。

今回は、その一部をご紹介したいと思います。

 

「悠遊はうす」の現場にて。神棚の雲板。

神棚の雲板

雲板の曲線が素晴らしい・・・きっちり左右対称です。

 

 

そして、階段手すりの「うけ」の板。

下に写っているノコギリで5回カットすると・・・

階段手すりのうけ半円形の曲線がきれいに出来上がります。

どのパーツも、同じ形!凄いです!!

 

 

手すりのうけこのパーツは、階段の手すりと壁の間に入ります。角が丸いと、手が当たった時も安全・安心です。

 

大工さんの『技』には、”心”がこもっています。

 

そんな”心”に触れながらの日々の生活は、きっと暖かく素敵なものになるでしょう。。

 
 
 

桧の効能について

桧は、古来より人に親しまれ「貴い木」として愛用されてきました。古代人が「火を起こす木」から「ヒノキ」と呼ばれ、現在の「桧」になったと言われています。

桧林

昔から桧には、「桧の家に住むと風邪をひかない」、「3年間は蚊がやってこない」などの伝承があります。これは桧の精油成分に自分の身を守る効能があるからです。

 

 

桧の特徴と言えば、森林の中にいるような「香り」です。この香りの元となるのが、『フィトンチッド』と呼ばれる成分で「抗菌効果」、「消臭・脱臭効果」、「リフレッシュ効果」があります。また、「肝機能の改善」にもフィトンチッドは効果的とされ、飲み過ぎ等によって弱った肝臓を桧風呂で元気にすることもできる!と言われています。

ハーフバスユニット

~桧のハーフバスユニット~

 

桧は植物の中でもフィトンチッドの含有率が高く、伐採後も発散し続けます。桧に含まれる木の香りは脳の活動と自立神経活動を鎮静化し、リラックスさせることが分かっています。血圧低下や脈拍の乱れの減少、快眠など数多くの効果をもたらしてくれます。

 

 

さて、桧をはじめとする植物がフィトンチッドを発散する本来の目的は、「植物を襲う微生物を殺菌する」ためです。植物は常に微生物に狙われ、逃げ出すこともできず、少しでも弱ると微生物に襲われ、カビが生えたり、腐ったりします。これらに対抗し、植物が自己防衛のために発散する芳香性の抵抗物質が、フィトンチッド(フィトンは植物、チッドは殺す=ロシア語)、即ち、植物が持つ殺菌効果です。このフィトンチッドは人間には有益で、精神を安定させ、大脳中枢を刺激し、体の調整を高める等の効果があると言われています。山の中で働く人たちは、二日酔いや、ちょっとした風邪等は、仕事をしている間に治ってしまうと言われており、これらがいわゆる森林浴の効能、フィトンチッドの吸収効果です。

桧の葉

桧って、すごいですね!

 

 

さて先日、現場で大工さんから「お風呂に入れると良いよ~」と、

桧をかんなで削った切れ端をいただきました。

桧の切れ端

これだけの切れ端でも、本当に良い香り。

今日、早速お風呂に入れて『フィトンチッド』の効能を試してみたいと思います。

 

 
 
 

『悠遊はうす』足場が外れました。

悠遊はうす 外観

 

「悠遊はうす」足場が外れて、外観が見えるようになりました。

現場を見に来たお子さん達も、「うぁ~綺麗になったね!」と大喜び!!

紺色のガルバニウムと漆喰のコントラストが、本当に綺麗です。

 

 

悠遊はうす 内部

内部工事も着々と進んでます。

 

来月には完成見学会も予定しておりますので、

よろしければ、ご参加くださいね。

 
 
 

『悠遊はうす』、着々と進んでおります。

来月完成予定の『悠遊はうす』、現場は着々と進んでおります。

悠遊はうす ロフト天井の杉板

ロフト天井の杉板。

隙間無く、ぴちっと並んだ木目が美しいです。

 

悠遊はうす 和室天井の杉板加工

大岩大工が、和室天井の杉板の長さを調整しています。

ミリ単位で長さを揃える技術は、見ていてほれぼれします。

 

悠遊はうす キャットウォークの床板加工

こちらは、キャットウォークの床板の加工。

桧板なので、良い香りがふわぁ~と漂います。

 

悠遊はうす キャットウォーク

キャットウォークを下から見上げているところ。

先程の桧板は、この部分にスノコ状に入ります。

 

完成したら、太陽の光が燦々と降りそそぎ、

桧の香り漂う素敵な空間になることでしょう。

楽しみです。。

 
 
 

日本テレビ 「スッキリ!!」 に放映されました。

 

本日、2月2日 日本テレビ 番組 「スッキリ!!」 であばれる君が
レポートする 「失敗しない家探し!目指せ!ハウスマイスター」 のコーナーに
弊社が施工した松戸市矢切の “栗山の家” が紹介されました!

 

スッキリ!!失敗しない家探し

 

“栗山の家” は自然の力をうまく利用して太陽エネルギーを取り込む
空気集熱式パッシブソーラーシステム 「そよ風」 が導入されています。

 

矢切 スッキリ!! 失敗しない家探し

 

「そよ風」 は常に家の中の空気を動かしてくれるので自然と換気をしてくれて、
冬は屋根に載せたガラスで暖めた空気を床下に送って家全体を暖めてくれます。
そして夏は太陽のエネルギーを利用してお湯採りもします。

 

無垢の床の気持ちよさ、木の家の心地良さ、太陽の力で家全体をほんのり暖める
「そよ風」 の快適さやボルダリングができる壁などが紹介されました!
矢切 スッキリ!! 失敗しない家探し

矢切 スッキリ!! 失敗しない家探し

あばれる君もボルダリングに挑戦していました!

ボルダリングって見た目よりも結構ハードらしいです。

 

今回、TVに映る家を観てて、改めてやっぱり木の家っていいなぁ~、
と思いました。(*^_^*)
私自身も木の家に住んでいますが、ホントに居心地良いですよ~!

 

記:廣木美奈子

 
 
 

「つどいはうす」上棟式

1月ということが信じられないほどポカポカと暖かい気候の中「つどいはうす」が上棟しました。
 
こちらのお家は弊社、髙見威人大工こだわりの自宅になります。
「つどいはうす」上棟式
大工さん達の手際の良い作業で、暗くなる前に作業終了。
 
 
手前味噌ながら、、、
弊社大工の丁寧かつ、作業の早さは「さすが!」の一言です。
「つどいはうす」上棟式
作業を終えて、家の前で大工さん達が全員集合!
仲間の大工さんのご自宅ということもあって、みなさん本当に嬉しそう。
 
 
「つどいはうす」上棟式
大岩大工からお祝いの言葉をいただきました。
 
「つどいはうす」上棟式
 
「つどいはうす」上棟式
会長もお祝いに駆けつけ、和やかな雰囲気に。
髙見親子も揃って嬉しそう。
 
 
「つどいはうす」上棟式
これからは主に髙見威人大工が、コツコツと楽しみながら造る作業に入ります。
 
 
髙見威人大工、この度は本当におめでとうございます!
完成が楽しみですね!!

 
 
 

謹賀新年 2016

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。
鏡餅

さて、新年。ということで、事務所の玄関先に鏡餅と生け花を飾りました。
空気がピン!と張りつめて、清々しく感じますね。
 
 

今年も仕事初めの4日には、柏市にある
廣幡八幡宮さんに安全祈願のお参りに行ってきました。
廣幡八幡宮
今年はポカポカと暖かくて、穏やかにお参りをすることができました。
 
 

廣幡八幡宮
今年も社員一同力を合わせて、
より一層気を引き締め、怪我無くより良い家造りを目指します!

 
 
 

幣束に飾られている「おかめ」のお面

先日、「悠遊はうす」の上棟式が行われました。

上棟式

上棟式は「建前」または「棟上式」とも言われ、

柱や梁、桁などの骨組みが完成した際に行う儀式のことです。

 

上棟式は、始めに棟梁が一番高い棟木に幣束(へいそく)を立てます。

(幣束は式の後、屋根裏に取り付けて保存されます。)

幣束

幣束には「おかめ」のお面が。

実は「おかめ」のお面には、少し悲しい物語があります。

 

昔、京都の千本釈迦堂(大報恩寺)の本堂を造営する際、

棟梁であった高次が柱の寸法を切り誤ってしまったそうです。

それを見た妻のおかめが枡組を用いたらどうかとアドバイスし、

無事に竣工させることができました。

しかし、おかめは女の提案で大任を果たしたことが知れてはと

上棟式を待たずに自害してしまったそうです。

高次は妻の冥福を祈り宝篋印塔(おかめ塚)を建て、

おかめの名にちなんだ福面を付けた扇御幣を飾ったとされています。

その後、大工の信仰を得るようになり

今日でも上棟式にはお多福の面を着けた御幣が飾られています。

幣束 おかめのお面

聡明で心優しいおかめが屋根裏から見守ってくれているかと思うと、何だか安心しますね。

 

「悠遊はうす」も、心優しい「おかめ」がこれからずっとお家と住まい手様を見守っていきます。

 
 
 

笑い文字

リフォームのことでお伺いしたお客様の娘さんが
“笑い文字” で会長と社長の名前を描いてくれました。

感謝やよろこびの瞬間を文字にしたものを笑い文字と表現しているそうです。
笑い文字の講習会があって、練習すれば誰でも描けるようになるそうですが、
こんな素敵な文字がささっと描けてしまうなんて、かっこいいです。

笑い文字
見るだけで心が暖かくなる文字ですね。
ありがとうございます(*^▽^*)

 
 
 

キャストサイン

 年季が入り過ぎていた道路際の袖看板をやっと新しくしました。
どうせ作るなら素材は木で!と思ったのですが、袖看板に木材だと耐久性が心配
ということだったのでそれは却下・・・。
看板の色に悩みましたが、こげ茶の背景に白抜き文字に決定。
白抜きの文字は夕方暗くなってからも良く見えるので、白抜きにして正解でした!

キャストサイン

 

 

そして、もうひとつ作ってもらいました。
こちらの看板は素材は木でも大丈夫ということなので、天然木で作製。
タモの木に塗装して手書きで作っていただきました。
こういう看板は 「キャストサイン」 というのらしいのですが、
ちょっとcaféっぽくてお気に入りです。

キャストサイン

 

 

看板の作製は鎌ケ谷にある 「一紺」 さんにお願いしました(^^)

 

年末が近づいてきて、やらなくてはいけないことが山ほどあるのに
気持ちばかりが焦りますね(^_^;)
コツコツやるしかありません。
皆様、お互い頑張りましょう!

 
 
 
 
 

ページトップへ