タケワキ住宅建設社長ブログ タケワキ住宅建設社長ブログ

タケワキ住宅建設社長ブログ
 

木組みの家 地鎮祭

今年も残り1週間になりましたが、先日は冬晴れの中、来年着工の木組みの家の地鎮祭が執り行われました。

DSC03545

こちらの家は千葉県産の天然乾燥材を使って大工さんの手刻みで造られます。

来週は御施主様と設計の林さんと一緒に千葉の山へ見学にいってきます。

先日私が製材所に行って確認した杉の構造材はとてもいい色艶になっていましたので、今から建て方が楽しみです。

来年の夏の完成を目指して一つ一つ丁寧に造って参りますので、Y様どうぞ家造りを楽しんで下さいね。

設計:Studio PRANA (ストゥディオ・プラナ)

施工:タケワキ住宅建設

 
 
 

「和の住まい推進リレーシンポジウムinちば」開催

先日予告でアップしました「和の住まい推進リレーシンポジウムinちば」が千葉市で開催されました。
このシンポジウムは国交省、文化庁、観光庁等6つの省庁が合同で進めている施策の一つで、昨年から全国の都道府県を順番に廻っており、今回千葉県で開催されました。
和の住まい
初めに国交省と林野庁の担当官の方の講演があり、その後「和の住まいのすすめ」という冊子を纏められた千葉大学の小林先生に基調講演とパネルディスカッションのコーディネーターをお願いして、パネラーには現在佐倉の現場でお世話になっている松井郁夫建築設計事務所の松井さんを初め、ちば木造建築ネットワークの仲間の中野工務店の中野会長とハヤシ工務店の林社長と私の4名で務めさせて頂きました。
和の住まい パネルディスカッション
日本人の暮らしには昔ながらの和の住まいが合うのは当然ですが、現代ではその良さが徐々に置き去りにされてきている傾向があり、家族の暮らしに本当に大事なものが忘れられているような気がします。

タケワキ住宅建設ではその大事なものを常に家造りに取り入れながら、今後も心地よい家造りに取り組んで参ります。
今回参加された方々にももう一度和の住まいの良さに気がついて実践して頂けることを願っています。

 
 
 

佐倉の平屋 天井照明

昨日は完成間近の佐倉の平屋の和室天井の照明の納まりを検討するために、篠塚大工が実物大の試作品を造ってきて事務所で検討していました。

DSC03536

DSC03537

写真の模型は実際と上下逆が逆になっていますが、天井に埋めこまれた照明器具を下から障子を2枚入れて左右に引き込んで開けられるようにしたものです。

図面上では難しいと思っていたことも実際に模型を造ってみると意外とあっさり解決してしまいますね。

年明けには仕上げの漆喰塗が始まります。

2月には完成見学会をさせて頂く予定でいますので、是非大工の腕が存分に発揮された木組みの家を見に来て下さい。

 
 
 

地域型ブランド化事業ヒアリング

12月のスタートは大学生の方からのヒアリングで始まりました。

DSC01822

JBNでもお世話になっている、芝浦工業大学の蟹澤先生の研究室の大学院生と4年生の3人が弊社に来られ、現在ちば木造建築ネットワークで取り組んでいる地域型ブランド化事業について私達のグループに関するお話しをさせて頂きました。

質問の内容も具体的で目的や結果等本質的な部分を踏まえたもので、私もこれまでを振り返りながらなるべく分かりやすいようにお話ししたつもりでしたが理解して頂けて幸甚です。

これを機会に工務店の取り組みや内容についてもっと興味を持って頂けると更にうれしいですね。

 
 
 
 
 

ページトップへ