タケワキ住宅建設社長ブログ タケワキ住宅建設社長ブログ

タケワキ住宅建設社長ブログ
 

佐倉の平屋 完成間近

2月7日(土)、8日(日)に完成見学会を開催させて頂く佐倉の平屋の現場が大詰めを迎えています。
佐倉の平屋
内部の漆喰塗が終わり、木製建具も入りました。
今週中に照明・設備機器類の取付も行い、来週はいよいよ養生を撤去して全貌が見られます。
佐倉の平屋
クリーニングをして電気をつけると、その瞬間に「工事中」から「住まい」としての空間に変わります。
伸び伸びとした空間と大工の技が結集した木組みの力強さを是非見にいらして下さい。
格子
(写真は床下エアコンが入るキッチン前の横格子の材料です。家が並んでいるみたいですね)

見学ご希望の方はお電話又はホームページからメールにてお問い合わせ下さい。

 
 
 

千葉の山見学~墨付け・打合せ

年末に地鎮祭を行った木組みの家の材料の確認に千葉の御宿まで御施主様と設計の林さんと一緒に行ってきました。

DSC03584

初めに木材市場にてこれから出荷される原木の丸太を見学。
良く目が詰まっている杉が沢山積まれていました。
こちらで月に1度競りが行われるそうです。

千葉の山

その後車で直ぐ近くの山まで移動。伐採は終わっていましたが、我が家で使われる木がここから取れたんだというところを実際に見れて、より愛着が湧いてくれたことと思います。

今回関わってくれた山の持ち主さんを初め、丸太を製材して天然乾燥した材を出してくれた材木屋さん、それを繋いでくれた建材屋さん、設計をされた林さん、私(工務店)、そして建て主さんが一同に会する機会というのは正直私も初めての経験でしたが、現在地域型住宅ブランド化事業という、地域の木造住宅の活性化を目的とした国の施策をちば木造建築ネットワークで取組んでいますが、まさに今回の家造りがその枠組にぴったり合っていてこの取り組みを今後も広めて行きたいと改めて思いました。

ちばの山

年が明けて作業場に材料が入った後、墨付けの前に打合せを行いました。
木組みの家 打合せ

林さんのスタッフの方が造ってくれた模型は大工にとってもとても分かりやすいので助かります。
木組みの家 模型

大工の原田が造った木組みの仕口の模型で確認します。

木組み 仕口

打合せも順調に行われ、早速棟梁の篠塚大工が墨付けをしながら宮本君が刻んでいきます。

刻み

2人は大工育成塾の先輩後輩なのですが、20代の若い大工がこれからの日本の木の家造りを背負っていってくれることがとても頼もしいですね。(ベテランの原田大工も要所要所で的確なサポートをしています)

ちばの木
3月初めの上棟を目指して、これから一つ一つ丁寧に刻んで行きます。

 
 
 

謹賀新年 2015

明けましておめでとう御座います。年始は毎年恒例の柏の廣幡八幡宮さんに社員、大工一同で安全祈願のお参りに行ってきました。
安全祈願
昨年も無事故で無事それぞれの家をお引き渡しすることが出来ましたが、今年もより一層気を引き締めて怪我無くより良い家造りを目指します。
早速今週から着工する現場と来月の完成現場や再来月の着工に向けた準備が重なり、忙しい年始めになりました。
最近はリフォームのご相談も増えており、タケワキ住宅建設ならではの心地よい暮らしのご提案をさせていただいております。
どこに相談したら良いか分からないことでも何でもお問い合わせ下さい。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 
 
 
 
 

ページトップへ