TAKEWAKIブログ TAKEWAKIブログ

TAKEWAKIブログ
 

JBN会議

昨日は工務店ネットワークJBNの運営会議に参加して参りました。
蜀咏悄1_convert_20120118200815
林野庁や国土交通省からも担当の方がいらして、それぞれのこれからの政策について
具体的な説明をして頂きました。
環境に優しい国産材の利用促進の為の取り組みについては、公共建築物の木造化や
山から消費者までの木材の流通を見える化し、品質・性能の確かな製品の安定供給を目指した
森林・林業の再生に向けた改革の姿まで分かりやすいお話でした。
また、既存の住宅の省エネ・耐震リフォームに必要な工務店全体の技術レベルアップの為の講習会の開催や、
再生可能エネルギーの活用等によるエネルギー消費量をゼロに近づける為の事業を中心とした
これからの方向性については、工務店に対する期待の大きさを感じました。
進化し続けるための勉強は終わりがありません。
今後も常にアンテナを張り、勉強したことを現場に落とし込んでいくにはどうすればよいか、
走りながら考えて参ります。

 
 
 

新築祝い

去年の秋に完成した「太陽が遊びにくる家」のお施主様から新築祝いのご招待を頂いてお邪魔して参りました。
P1020801_convert_20120110194124.jpg
引っ越しの段ボールも全て片付いていて、物も少なくとてもスッキリと暮らされていました。
奥様曰く「収納も十分なので、広々として掃除もし易いし、何よりも4方を家に囲まれていても、
2階リビングなので日中は常に明るくて気持ちいいです!」と嬉しいお言葉を頂きました。
P1020794_convert_20120110194150.jpg
ソーラーのダクトもカラフルに変身!
P1020806_convert_20120110194219.jpg
夕飯を囲むダイニングテーブルは大人8人は座れるもので大工さんの手造りです。
(天板の無垢の檜は何と180年以上前の江戸時代から育ってきたものを使いました!)
ソーラーの効果も相まってほんわかとした暖かさの中で、
家族の団欒もより一層ぽっかぽかでした。
すっかり長居してしまい、気づいたら終電間際になっていました。汗)
S様、ご馳走様でした。

 
 
 

謹賀新年

明けましておめでとう御座います。
本年も宜しくお願い申し上げます。
お正月は毎年お参りしている地元の高龗(たかお)神社に家族で初詣でに行ってきました。
P1020738_convert_20120106113831.jpg
私が小さいころは少なかったのですが、最近は近隣の人口が増えて毎年行列になり
元日は1時間以上並ばないとお参りできなくなるほどになりました。
弊社は今日から本格的に仕事始めですが、昨日は社員・大工と廣幡八幡宮に新年の安全祈願に。
P1020767_convert_20120106120026.jpg
こちらにはいつも地鎮祭をお願いしていますが、創建は800年以上前の鎌倉時代にまで遡り、
とても由緒ある神社です。
今年も工事が安全に行われますように、全員で祈願して参りました。
P1020770_convert_20120106111241.jpg
今年も沢山の方々に支えられながら、少しでも皆様のお役に立てるよう
職人の技術を生かし、手造りで一つ一つを丁寧に造って参りたいと思います。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 
 
 

「ゆるがない経営を学ぶ」

先週は協同組合もくよう連主催の「ゆるがない経営を学ぶ」セミナーを行いました。
IMG_1579_edited-1_convert_20111212101558.jpg
セミナーの前には特別に永田昌民さん設計の「西宮の家」を見学させていただきました。
施工はもくよう連理事長の羽根さんが当時担当され、13年経ってますます味わいのある落ち着いた家になっていました。
IMG_1642_convert_20111212101047.jpg
地下室のフラワーアレンジメント教室。トップライトで地下でも明るい空間に。
IMG_1665_edited-1_convert_20111210190855.jpg
午後からは講演。講師は全国的に有名な「ケーキショップ ツマガリ」の津曲さん。
兵庫県西宮市に小さなお店を構えておりますが、ネット販売に早くから取り組まれており、どなたでも気軽に購入することが出来ます。
津曲さんはとにかく物作りに対するこだわりが徹底していて(名刺も代表取締役ではなく、製菓技術者でした)
お菓子の材料も牛乳や砂糖などを原料からご自分の目で確かめて作っています。
本質を追究するその志は家造りを追求している私達にもとても共感するところがあり、
大変勉強になりました。
IMG_1660_edited-1_convert_20111210190838.jpg
私は司会でしたが、時間を忘れて聞き入ってしまいました。
IMG_1679_convert_20111212092830.jpg
講演のあとは、こだわりの食材で心を込めて作られた出来たてのシュークリームをいただきました。
IMG_1695_convert_20111212102701.jpg
今回の講演会場はフランク・ロイド・ライトの愛弟子、遠藤新氏設計による旧甲子園ホテル
(現在は武庫川女子大学 甲子園会館)にて行われました。
前回の軽井沢で見学した、奥村昭雄・吉村順三・アントニンレーモンド建築の源流となった
ライト式の建築に触れて建築の奥深さに圧倒され、ますます建築が好きになりました。

 
 
 

鎌ヶ谷の家上棟

豢・荵・コ暮ず荳頑」歙convert_20111210194109
12月に入り気候も急に冬に変わる中、鎌ヶ谷の家が上棟しました。
IMG_1546_edited-1_convert_20111210190802.jpg
いつものようにブルーシートで大事に養生をした中での上棟式。
お施主様が暖かいお味噌汁を作ってくれて、体がとても温まりました。
一昨年ご近所で建てさせていただいたご親戚の方々も参加されて
和やかな上棟式になりました。
T様おめでとうございます。
これからどんどん形になっていきますので楽しみにして下さい。

 
 
 

LiVES 「30代僕らの家づくり」

先週発売された住宅&インテリアマガジン「LiVES」vol.60に、2月に完成した松戸市N様邸が掲載されました。
IMG_1402_convert_20111124105349.jpg
設計はi+i設計事務所さんで、床には小学校等でも使われているパーケットフロアという材料を使って、
すっきりとした空間に懐かしさを感じる仕上げになっています。
IMG_1406_convert_20111124105439.jpg
置かれている家具や小物類と家が見事に調和しています。
たまにお邪魔するのですが、写真の真ん中にあるテーブルにつくと
カフェに来たみたいでつい長居してしまいます。
インテリアの参考にもなりますので是非ご覧になってみて下さい。

 
 
 

印西の家 構造見学会

先週の土曜日は印西の家の構造見学会を行いました。
20111112構造見学会
来られた方々はとても勉強熱心で普段見られない仕上がると隠れてしまう部分をじっくりと見学されていました。
丁度同時に見学に来られたので十分な説明が出来ない方もいらっしゃって大変失礼いたしました。
年明けに完成見学会を開催させていただく予定でいますので、また是非いらして下さい。

 
 
 

鎌ヶ谷の家地鎮祭

20111104津久井様地鎮祭
昨日は気持ちの良い天気の中、鎌ヶ谷の家の地鎮祭を執り行いました。
こちらは40年以上住んできた家の建て替えになります。
愛着のある土地で冬は暖かく、夏は涼しく、そして地震にも丈夫な心地よい木の家に生まれ変わります。
T様おめでとう御座います。来春の完成を楽しみにお待ち下さい。

 
 
 

ムーミンの家上棟!

IMG_1104_convert_20111029185102.jpg
建方日和の良い天気の中、ムーミンの家が上棟しました。
何故「ムーミンの家」かというと。。
出来上がりまでお楽しみに!(ちょっと形が見えていますが。)
敷地が南側から少し上がった場所に建つこちらの家は向かいの緑も借景に入れて設計しました。
太陽の熱を利用したソーラーハウスで冬は家中ほんわか暖かくなります。
もちろん夏の風通しもきちんと考慮しています。
T様おめでとう御座います。完成を楽しみにしていて下さい!

 
 
 

大工育成塾

弊社では7年前から国家プロジェクトでもある「大工育成塾」の受入工務店になっており、
大工を目指す若い方達の技術指導を行っています。
現在は7年前に入塾して弊社で3年間の修行後、そのまま弊社の大工として働いている篠塚大工と、
2年目の渡辺塾生が日々現場で一人前の大工になるべく修行をしています。
先日は大工育成塾の塾長を筆頭に、国土交通省の木造住宅振興室長、千葉県の担当者の方々が
作業場に指導の様子を視察に来られました。
弊社の指導棟梁である大岩棟梁が見守る中、渡辺塾生がカンナ掛けを披露。
続いて篠塚大工も先輩として桧の柱を削るとさすがに薄く綺麗なかんな屑が
流れるように出てきて塾長も納得されていた様子でした。
木の家は長く住まう中でメンテナンスやリフォームが必ず出てきます。
その時に技術を持った大工さんがいないとお手入れもままなりません。
その様なことが無いように、これからもしっかりと技術を身につけられるように
若い大工の育成に力を入れて行きたいと思います。

 
 
 

「ゆるがないデザインを学ぶ」

先週は協同組合もくよう連主催の「ゆるがないデザインを学ぶ in 軽井沢」に行ってきました。
もくよう連とは、「木(もく)と太陽(よう)を生かした家づくり」をしている小さな工務店が集まった協同組合です。
私はその中で今年から専務理事を務めております。
今までは内輪でいろいろな建物を見てきましたが、今回からはオープンに広く建築に携わる人達にも見てもらおうと募集したところ、すぐに150人以上の申込があって締め切ったのですが、キャンセル待ちも50人以上出るくらい大人気なイベントになりました。
IMG_0626_convert_20111014164750.jpg
軽井沢の駅に集合して大型バス3台で出発!
IMG_0644_convert_20111014164814.jpg
最初の見学先はアントニン・レーモンドの夏の家。
以前にも外から見たことはあったのですが、今回は特別公開で内部もすっきりとした状態で見ることが出来ました。
IMG_0690_convert_20111014164840.jpg
次に訪れたのはそのレーモンドが夏の間に設計事務所として使うために建てた「新スタジオ」。
こちらではレーモンド事務所の所員でいらっしゃった北澤さんに直接お話しを伺いました。
IMG_0732_convert_20111014164905.jpg
夕方からはもくよう連の顧問をしていただいている「住まいと環境社」の野池氏の講演会。
「パッシブとは何か」についてかなり具体的なお話しでした。
IMG_0760_convert_20111014164926.jpg
夜は近くのレストランで懇親会。
建築好きな方達ばかりでしたので、この後の2次会以降も熱く建築について語り合いました。
IMG_0575_convert_20111014164658.jpg
翌朝は早起きして近くを散策。
軽井沢は丁度紅葉が見頃で吐く息も白くなりそうなくらい冷え込んでいましたが、
久しぶりに気持ちの良い散歩が出来ました。
2日目はこちらも北澤さんと同じレーモンド事務所の所員でもあった吉村順三さんの山荘や
その吉村さんの事務所の所員でもあった空気集熱式ソーラーハウスの産みの親である
奥村昭雄さんが40年前に設計された「星野山荘」の見学。
蜀咏悄1_convert_20111014165034
星野山荘では奥村夫妻にもおこし頂いて、ソーラーシステムのきっかけとなったストーブの仕組みについて、ご本人から直接お話しを伺うことが出来ました。
今回はこれまで学んできた住宅建築の源流をたどるツアーになっていて、
これだけ一度に見学できたことは本当に貴重な体験になりました。
これからももくよう連ではこのような他では見られない、聞けない見学会等を行っていく予定で、
もっともっと本物の建築について深く学んでいきます。

 
 
 

印西の家上棟

土曜日の午前中は子供の運動会に参加。
今年は父母クラス対抗リレーには参加しないので安心して見ていたら
卒園生の徒競走で急遽知り合いの方に誘われて参加することに。汗)
(弊社の直ぐ近くにある子供の通う幼稚園は私の通った幼稚園でもあります。)
無事に怪我無く走った後、午後は爽やかな秋晴れの元で上棟した印西の家に。
IMG_0507_convert_20111008202615.jpg
いつも通りブルーシートでしっかり養生されて上棟式を待つばかりとなってました。
弊社の家造りは構造材が表しになるので上棟後は雨に濡らさないようにしています。
これでいつ雨が降っても安心です。
IMG_0522_convert_20111008202405.jpg
夕方からは上棟式。
御施主様のご家族も参加して和やかに行われました。
T様おめでとうございます。これからしっかりと造って参りますので宜しくお願い致します。

 
 
 
 
 

ページトップへ