家づくりへの思い

家族の笑顔が続く、
心地よい木の家をつくりたい。

  • 思い
  • おはなし
  • 家づくり

自然力を活かす

日本には春夏秋冬、四季折々の自然の姿があります。
しかし自然は、人と住まいにやさしく ときに厳しいものです。

そよ風は心地よいものですが、
嵐は住まいそのものを奪ってしまうこともあります。

太陽は冬はぬくもりを与えてくれますが、
夏はギラギラとあらゆるものを熱し続けます。

そうした自然のやさしさと厳しさを理解しながら、
それらを活かした家づくりが連綿と続いてきました。

しかしながら、近年では自然との対話が希薄になってきています。
通り抜ける風を始め、光や音など、五感で自然を感じられる暮らしが遠のいているのです。

省エネルギー効果の高い高気密・高断熱の家は快適であるけれど
24時間機械に頼る換気が当たり前になったり…。
夏の暑さは年々厳しくなり、窓は閉め切りで一日中冷房をつけたり…。

昔の家は木や紙、土などの自然素材を使い、家自体が呼吸をしていました。
昔のような家づくりは難しいかもしれないけれど、
ほんの少しの工夫で家の中に自然を採り入れることはできます。

例えば、窓の向きを変えるだけで風を取り入れることができますし、
明るく暖かな自然光が差し込んできます。

庭に木を1本を植えるだけで暮らしに彩りを与えてくれます。
窓から見えるその木は夏には日陰をつくり、
時には小鳥がさえずり、家族に季節を知らせてくれます。

自然を生活に取り入れてきた先人の暮らしの知恵を見習い、
最新の技術も取り入れながら、あたらしい日本の民家をつくりたい。

その土地にあった自然と対話できる建物をつくる。
それが わたしたちタケワキ住宅建設の家づくりです。

パッシブソーラーの仕組みを図解

  • 緑豊かな玄関
  • 青空と家
  • 自然の中の家

木の家にこだわる

日本は、2/3が山だと言われています。

もともと、家をつくる時は地元の山林から木を伐り出し、
その木々を使い、顔見知りの職人が建てるのが普通でした。

その土地の気候に合っている木を、1番理解している職人が扱うことが最適だからです。

また、地元の山の木を使うことで山が更生され、
それによって下流の環境も守られてきたのです。

しかし、安い海外の木材が大量に輸入されたことにより
このサイクルは壊れ、今、日本の林業は瀕死の状態にあります。
日本の森を生かすためには、まず日本の森の木を使うことが大切です。

現在は、戦後に植えられた木が育ち、最も良い時期でもあります。
すべて日本の木材を使うことは難しいかもしれませんが、
建主さんの意向をお聞きしながら、適材適所で日本の木を、なるべくなら地元を木を使いたい。

鉄骨やコンクリートなど、素材や技術の進化はありますが、
木の家こそが自然とあるとタケワキでは考えております。

決して高級であったり、希少価値のあるものだけを、というわけではありません。
心地よい住まいにすることを最優先に、全国各地から木材を仕入れております。

需要が生まれれば山の手入れが進みます。
そして山は生き返り、私たちに様々なものを還元してくれます。

日本の豊かな森林を守るために、まず住まいの木から考えてみませんか。

タケワキ住宅建設の
木へのこだわり

国産材の杉・桧を使います。

国産材の杉・桧を使います。

日本の木は、伐採・製材され、住まいにカタチを変えたあとでも、日本の気候風土とよくなじみ、長持ちします。そして、なにより、色目や風合い、香りといった五感で愉しむことができるのが、日本の木の優れた点だといえます。

社長自ら山まで木を見に行き、
選んでいます。

社長自ら山まで木を見に行き、選んでいます。

木の善し悪しを決めるのは、林業家の木に対する思いや管理体制です。どうやって育ってきたのかを、社長自らが山まで足を運び確認することで、はじめて皆さんに自信を持ってお勧めできる木材を提供することができるのです。

優れた材料を生かすのも職人次第。

優れた材料を生かすのも職人次第。

無垢の木は、集成材や新建材と違ってひとつひとつクセがあり、それを活かすには熟練した目利きと技が要ります。わたしたちタケワキ住宅建設には、そんな木を活かすことのできる「名料理人」がいます。

時間をかけてつくる

単純に、スピードを優先して家を建てるなら、
工場でつくられた既製品を組み立てるだけで可能です。

しかしこれは、建主さんの思いではなく、
効率だけを重視した作り手の理論ではないでしょうか?

時間をかけてつくるとは、ゆっくりつくるということではありません。

パシュ、パシュという釘打ち機の音だけが響き、
既製品を組み立てていく住宅と違い、
ひとつひとつ手作りでつくる家は、完成するまでに時間が掛かります。

わたしたちの現場を通りかかったら、ぜひ耳を澄ましてみてください。

とんかんとんかん、木づちで継ぎ手をたたく音や
左官職人が壁を塗るシュッという鏝(コテ)の音が聞こえてくるはずです。

それは、住まいに命が吹き込まれる証でもあります。

ぜひ、みなさんも家を建てるときがきたら、現場に足を運んでみてください。
きっと、そのひとときをもっと愉しみたくなるはずです。

基礎にこだわる。

基礎にこだわる。

基礎は、土台から伝えられた建物の加重や建物に加えられた地震や風などの力を均等に地盤に伝える役割と、地盤面の湿気から土台や柱を守る役割があります。パッシブソーラーの場合、ここが蓄熱面としての役割を果たしたりもします。いずれにせよ、ここがしっかりできていないといい家にならない、まさに「基礎」となる重要な工事です。

木組みの家もできる大工集団。

木組みの家もできる大工集団。

プレハブ住宅しか建てたことのない大工さんには、いわゆる木組み…伝統工法の家を建てることはできません。タケワキ住宅建設は、墨付けや刻みといった昔ながらの技を伝承し、木組みの家でも建てることができる大工集団。そんな職人たちが一棟一棟建てているのが、わたしたちのこだわる木の家です。

丁寧な仕上げ・左官工事。

丁寧な仕上げ・左官工事。

基礎や構造だけでなく、左官工事や内部の細かなところも、職人がひとつひとつ仕上げていきます。ていねいですっきりと「納まり」のいい仕上げは、住まいのクオリティーをひとつ上のものにしてくれます。

家具やキッチンも、手造りです。

家具やキッチンも、手造りです。

タケワキ住宅建設では、世界で自分だけのオリジナルのキッチンをはじめ、本棚やテーブル、座卓なども大工さんが手造りで造っています。時にはお風呂の椅子を錆びを嫌って釘一本使わずにつくることもあります。手に取ったり、座ったり、一番肌に近いものだからこそ、心を込めてつくりあげています。

自然素材にこだわる

日本には春夏秋冬それぞれの自然があります。
しかし自然は、人と住まいにやさしく、ときに厳しいものです。
そよ風は心地よいものですが、
嵐は住まいそのものを奪ってしまうこともあります。
太陽は冬はぬくもりを与えてくれますが、
夏はギラギラとあらゆるものを熱し続けます。
そうした自然のやさしさと厳しさを理解しながら、
それらを活かした家づくりが連綿と続いてきました。
しかしながら、近年では自然との対話が希薄になってきています。
通り抜ける風を始め、光や音など、五感で自然を感じられる暮らしが遠のいているのです。
例えば、窓の向きを変えるだけで風を取り入れることができますし、
木々が見えたり、自然光が差し込んできます。
その土地にあった、自然と対話できる建物をつくる。
これがパッシブな住まいなのです。
先人たちの工夫に学び、 最新の技術も取り入れながら、
あたらしい日本の民家をつくりたい。
それがわたしたちタケワキ住宅建設の家づくりです。

お金の話

住まいづくりを真剣に考え出したとき、 避けて通れないのがお金の話です。

いったい、いくら掛かるのか。
家づくりの相場って、どのくらいなのか。

すべてが初めての経験の中、
正しい判断を下すのはとても難しいことです。

家づくりに掛かる費用は、本体価格だけではありません。

一般的な建売でいうところの坪単価は、住んで生活できない段階での単価です。これは違反ではありませんが、本来の値段ではないとタケワキでは考えております。

私どもが坪単価をお伝えしないのは、決して出し惜しみをしているのではなく、誤解を生まないためなのです。

もちろん事例ごとにどのくらいの費用がかかるかはお伝えしております。
予算をお伺いし、資金計画を一緒に考え、ライフスタイルに合わせて生活できるレベルにするにはいくら必要となるかをお話させていただきます。

借りられる金額だけで家づくりをスタートしてしまうと、家を建ててからの準備にまで手が回らなくなります。

わたしたちタケワキ住宅建設は、家づくりに掛かるお金の話に正直に答えたいと思います。

タケワキ住宅建設が、坪単価を謳わない理由
延床面積で工事金額を割って算出する坪単価。実はこれにはルールというものがありません。住宅会社ごとに違った方法で計算して坪単価を出しています。

ローコスト系の会社は、少しでも安く見せようと、工事面積と称して延床面積には含まれない部分まで床面積にカウントしています。

例えば、部屋ではないロフトや小屋裏収納、ベランダまでも床面積にカウントします。
わたしたちタケワキ住宅建設は、金額について訪ねられたとき、「坪単価」という基準ではなく、
外構や電気・ガス・水道工事といった生活するのに必要な工事まで含めた金額を提示させていただいております。

タケワキ住宅建設が、
坪単価を謳わない理由

費用

延床面積で工事金額を割って算出する坪単価。実はこれにはルールというものがありません。住宅会社ごとに違った方法で計算して坪単価を出しています。ローコスト系の会社は、少しでも安く見せようと、工事面積と称して延床面積には含まれない部分まで床面積にカウントしています。例えば、部屋ではないロフトや小屋裏収納、ベランダまでも床面積にカウントします。わたしたちタケワキ住宅建設は、金額について訪ねられたとき、「坪単価」という基準ではなく、外構や電気・ガス・水道工事といった生活するのに必要な工事まで含めた金額を提示させていただいております。

家づくりにかかる
費用の総額の割合

別途工事とは主に

  • 設計費
  • 確認申請費
  • 設備機器
  • 浄化槽工事
  • 解体工事
  • 地盤改良工事
  • ソーラー工事
  • 屋外給排水工事
  • 外構、植裁工事
  • 照明、エアコン費
  • カーテン、ロースクリーン等

…などが挙げられます。

本体工事とは主に建物を
つくる工事のことで

  • 仮設工事
  • 基礎工事
  • 木工事
  • 屋根工事
  • 建具工事
  • 電気工事
  • ガス、水道工事
  • 仕上工事

…などが挙げられます。

諸費用とは主に工事以外の
費用のことで

  • 印紙代
  • 登記費用
  • 各種税金
  • 火災保険料
  • ローン諸費用
  • 地鎮祭、上棟などの祭事
  • 引越し費用
  • 建替えの場合は仮住まい費

…などが挙げられます。

家づくりの流れとは

ホームページでご紹介している内容では、
まだまだ話したりないことがたくさんあります。

ぜひ、完成見学会やモデルハウスに足を運んでいただき、
あなたの家づくりへの思いをわたしたちにぶつけてください。

すでにタケワキ住宅建設の家にお住まいのみなさんから、
住み心地を直接聞いていただくことも可能です。

住まいは実際に住んでみないと、
住み心地やアフターの対応などわからないものです。

ぜひ、わたしたちタケワキ住宅建設の住まい手たちと
お会いしてみてください。

きっと、心地よい住まいの作り方がわかるはずです。

ご入居までの
スケジュール

① イメージ作り

イメージ作り

まずはどんな家に住みたいか、どういう暮らしをしたいか、情報収集を!モデルハウスや見学会にどんどん参加してください。

② ご相談

ご相談

資金計画、土地購入など何でもご相談下さい。(敷地を実際に拝見して家づくりのプロとしての立場からアドバイスさせていただきます)

※お申し込み金(¥108,000)が必要になります。

③ 基本設計

基本設計

タケワキの家づくリに納得して頂けたら、基本設計に入ります。記入していただいた設計カードを元に基本プランを提案させていただきます。

④ 詳細見積もり

詳細見積もり

プランと予算を調整しながら、最終的な金額を決めていきます。建物の仕様や設備等を具体的に打ち合わせをします。

⑤ 設計契約

設計契約

ご提案したプランとお見積もりにご納得いただけましたら、詳細設計となります。

⑥ ご契約

ご契約

プランと見積金額が決まり、十分に納得して頂けたらエ事請負契約となります。

⑦ 着工

着工

近隣挨拶をして、いよいよ工事が始まります。

⑧ 上棟

上棟

木が組み上がっていく瞬間は誰もが感動されます。家の形が出来上がり、イメージが掴みやすくなったところで、コンセントの位置など最終的な打ち合わせを進めて行きます。(主に現場での打ち合わせとなります)

⑨ 完成

完成

完了検査と建物の登記手続きを行い、植栽、外構、カーテン工事等も行います。

⑩ お引き渡し

お引き渡し

いよいよ新しい暮らしが始まります!鍵、各種保証書のお引き渡しを行います。

⑪ アフターメンテナンス

アフターメンテナンス

家は建てたら終わりではありません。木の家は、メンテナンスをすればするほど長く住み継いでいくことが出来ます。何かありましたらいつでもご連絡下さい。快適な暮らしを末永く見守っていきます。

居場所をつくる

動物は居心地のいい場所を見つける天才です。

縁側でひなたぼっこをする猫。
冷たい土間に腹ばいになる犬。
どこが一番気持ちのいい場所かを、
彼らは知っているのです。

私たち人間にとって、居心地の良い場所はどこでしょうか?

暮らし方は 「十人十色」
家族が成長するにつれ、そのとき、そのときでまた違ってきます。

例えば、子どもが小さいうちは、自分の部屋の自分の机で宿題をするなんてことはあまりありません。
ダイニングテーブルで親と一緒にするのが自然ですよね。

では、そのダイニングテーブルの近くに、ランドセルやノートを片付けられるところがあるでしょうか?
そんなとき、ちょっとした収納があるだけで暮らしやすさに大きな違いが生まれます。

子ども部屋においても、小さいうちは個室が必要ないことが多いです。
大きくなって自分の部屋が欲しくなったら可動式の家具で仕切ることで対応したり。
成人して家を出ていけば、また広く使ったり。

暮らしに決まりをつくらないで 暮らしやすいようにつくればいい。

何LDKという間取りだけで住まいを考えるのでなく、
家族それぞれの居心地のいい場所を どうつくるかを考える。

それが心地よい住まいをつくる秘訣です。

小屋裏

子供たちにとって、小屋裏は秘密基地のようなもの。

DENスペース

自分に戻れる時間を大切にしたDENスペース

住み継ぐ家

これまでの日本の住宅は、諸外国に比べ
圧倒的に寿命が短いとされてきました。

建てるときの家族構成のみで間取りを考えると、
住み継ぐことが難しく、建て替えになってしまう。

その世代で終わらせない家づくりが必要。

たった25年ほどで壊しては建て替えられる家…
そんな状況を、いま国が一生懸命になって変えようとしています。

そうして生まれた「長期優良住宅」という制度は、
子から孫へ、住み継ぐことのできる住まいを目指しています。

わたしたち、タケワキ住宅建設の建てる家は、
まさに「住み継ぐ」ことのできる家。

長期優良住宅に対応できる高い性能と
安心できるメンテナンスを持っている住まいです。

タケワキ住宅建設の家は、
基本的に長期優良住宅の
性能を有しています。

長期優良住宅の7つの「認定基準」

長期優良住宅として認定を受けるには、以下の7つの認定基準を満たす必要があります。


劣化対策

数世代にわたり住宅の
構造躯体が使用できること

・通常想定される維持管理条件下で、構造躯体の使用継続期間が少なくとも100年程度となる措置。

【木造】
・床下及び小屋裏の点検口を設置すること。
・点検のため、床下空間を330mm以上確保すること。


維持管理・更新の容易性

構造躯体に比べて耐用年数が
短い内装・設備について、
維持管理(清掃・点検・補修・更新)を
容易に行うために
必要な措置が講じられていること

・通常想定される維持管理条件下で、構造躯体の使用継続期間が少なくとも100年程度となる措置。

【木造】
・床下及び小屋裏の点検口を設置すること。
・点検のため、床下空間を330mm以上確保すること。


省エネルギー性

必要な断熱性能等の
省エネルギー性能が確保されていること

・断熱性能などを高めて、省エネ法で規定されている次世代省エネルギー基準に相当する性能を確保すること。

・屋根、床、壁、天井、開口部の断熱性能を高くすることが求められます。


耐震性

極めて稀に発生する地震に対し、
継続利用のための改修を容易にするため、
損傷レベルの低減を図ること

・大規模地震力に対する変形を一定以下に抑制する措置を講じる。

・地震に対する耐力による場合、建築基準法レベルの1.25倍の地震力に対して倒壊しないこと。

・免震建築物による場合、住宅品確法に定める免新建築物であること。


維持保全計画

建築時から将来を見据えて定期的な
点検補修等に関する
計画が策定されていること

・維持保全計画に記載すべき項目については、
①構造耐力上主要な部分
②雨水の浸入を防止する部分
③給水・排水の設備について、点検の時期・内容を
 定めること。

・少なくとも10年ごとに点検を実施すること。
(最低30年)


住戸環境

良好な居住水準を確保するために
必要な規模を有すること

・75㎡以上(2人世帯の一般型誘導居住面積基準)。

・少なくとも1の階の床面積が40㎡以上
 (階段部分を除く)。

・所管行政庁により、地域の実情に応じて引上げ・引下げが可能です。

ただし、55㎡(1人世帯の誘導居住面積水準)を下限とする。 等


居住環境

良好な景観の形成その他の地域における
居住環境の維持及び向上に配慮された
ものであること

・地区計画、景観計画、条例によるまちなみ等の計画、建築協定、景観協定等の区域内にある場合は、これらの内容と調和が図られること。

・所管行政庁により、詳細な基準があります。


参考:JBN・全権連・工務店サポートセンター

タケワキ住宅建設の家は、基本的に
長期優良住宅の性能を有しています。

平成21年6月施行の長期優良住宅の認定を受けると、住宅ローン減税については1.2%(平成23年まで)控除されます。(一般住宅の場合は1.0%)
その他、固定資産税・登録免許税・不動産取得税においても、減税があります。
→「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」についてはこちらをご参照ください。
→「法律・税制・融資の概要」についてはこちらをご参照ください。

普及モデルと先導モデルについて

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」
が平成21年6月に施行されましたが、
これに先駆け、「普及モデル」と「先導モデル」という事業があります。
これらはどちらも長期優良住宅を普及促進するための補助事業です。
「先導モデル」では先導的な材料・技術・システム等が導入され、長期優良住宅の7つの「認定基準」に加え、構造材・羽柄材の国産材利用や地盤保証などがあります。
先導モデル仕様での認定を受けるとさらに、最大200万円までの補助も受けられます。
タケワキ住宅建設では、こちらの先導モデル事業にも対応しております。

安心できる家づくり

安心と安全。似ていますが違うものです。

安心の中に安全がどのくらい入っているのか。

ホッとできるのも安心。
休みの日にくつろげることも安心。
家族が目の届くところにいることも安心ですよね。

いろいろな安心の定義がありますが、1番は帰ってきてよかったと思えること。

家の性能を担保することはもちろんですが、
性能だけを追求しては、木の香りがする安心は得られないのではないでしょうか。

大手メーカーでも倒産してしまうこの世の中。

なにを信頼して、どこに家づくりを頼むかは、
家づくりにおいて、とても重要な判断になってきます。

わたしたちタケワキ住宅建設は、ここ松戸で30年以上、
地域のみなさんの住まいを造り続けてきました。

創業社長は、これまで建ててきた家のアフターを受け持って
みなさんの住まいを見守り続けています。

構造として確かなものをつくるということはもちろん、
建った住まいを見守り続けていくことも、
家守り工務店の大切な役割だと考えています。

安心できる
家づくりの仕組み

完成保証に入ることができます。

完成保証

大手ハウスメーカーやパワービルダーの相次ぐ倒産で、本当に自分の家が完成するのか心配になられる方も多いかと思います。タケワキ住宅建設は、審査が厳しい財団法人住宅保証機構に加盟しており、完成保証に加入することが可能です。

出来高に応じたお支払い

出来高に応じたお支払い

資金計画、土地購入など工事代金のお支払いに関しては、出来高に応じていただいており、その時点で過払いにならないようにしております。
契約時10%、上棟時30%、中間時30%、完成引渡前30%。何でもご相談下さい。(敷地を実際に拝見して家づくりのプロとしての立場からアドバイスさせていただきます)

地盤保証

地盤保証

登録地盤調査会社が、建設予定地を着工前に事前調査し、その地盤に適した基礎仕様を提案します。それに基づく基礎仕様で施工された建物に対し、建物完成後10年間、地盤の不動沈下に起因する建物の損害など、もしもの場合に建物をお守りします。

瑕疵担保責任保険(必須)

瑕疵担保責任保険

住宅瑕疵担保履行法により、2009年10月以降にお引き渡す物件から、施工者側の瑕疵担保責任を確実に履行するための資力確保措置(保険への加入等)が義務付けになりました。
タケワキ住宅建設でもすでに、全ての住宅に第3者機関による保険をつけています。

家守り工務店として

家守り工務店

タケワキ住宅建設では、お客様の末永い快適な暮らしをサポートするためメンテナンス体制を整えております。建物お引渡し後6ヶ月・12ヶ月・24ヶ月と定期点検を行い、暮らし始めてからの問題点や不都合点をチェックし、お住まいのメンテナンスカルテを作成、自社保存しております。また、日常での不具合が発生した場合、出来るだけ速やかに対応する体制を整えております。
2年間の定期点検サービス後も、メンテナンス・リフォームなど住まいに関するあらゆるご要望にお応えしておりますので、ご相談ください。

ki-bako 木箱の家

「ki-bako」 は小さな家です。
小さいのは大きさだけではありません。
コストもできるだけ小さく押さえ、 デザインもシンプルが基本です。

「ki-bako」 は小さいけれど、とてもしっかりした箱です。
家は家族の成長と共に 「変化」 していくものです。
いつまでも永く住み継いでいただけるように、基本となる「箱」はしっかり造ります。

「ki-bako」 は文字通り 「木の家」 です。使うのは 「国産」 の木材です。
日本で育った木材は、日本の気候風土をいちばんよく知っているから。

「ki-bako」 はできるだけ 「太陽エネルギーを上手に利用する」 ことをおすすめします。
自然の力を上手に利用して、エコロジー&エコノミーな暮らしをしていただきたいと思っています。

「ki-bako 木箱の家」について詳しく知りたい方はこちらへ→ http://www.ki-bako.com/