家づくりの思い

木の家にこだわる

国産材の杉・桧を使います。

日本の木は、伐採・製材され、住まいにカタチを変えたあとでも、日本の気候風土とよくなじみ、長持ちします。そして、なにより、色目や風合い、香りといった五感で愉しむことができるのが、日本の木の優れた点だといえます。

社長自ら山まで木を見に行き、選んでいます。

日本の木は、伐採・製材され、住まいにカタチを変えたあとでも、日本の気候風土とよくなじみ、長持ちします。そして、なにより、色目や風合い、香りといった五感で愉しむことができるのが、日本の木の優れた点だといえます。

優れた材料を生かすのも職人次第。

無垢の木は、集成材や新建材と違ってひとつひとつクセがあり、それを活かすには熟練した目利きと技が要ります。わたしたちタケワキ住宅建設には、そんな木を活かすことのできる「名料理人」がいます。