家づくりの思い

住み継ぐ

長期優良住宅の7つの「認定基準」

長期優良住宅として認定を受けるには、以下の7つの認定基準を満たす必要があります。

「数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること」

「構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、維持管理(清掃・点検・補修・更新)を容易に行うために必要な措置が講じられていること」

「必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること」

「極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修を容易にするため、損傷レベルの低減を図ること」

「建築時から将来を見据えて定期的な点検補修等に関する計画が策定されていること」

「良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること」

「良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであること」

参考:JBN・全権連・工務店サポートセンター

タケワキ住宅建設の家は、基本的に長期優良住宅の性能を有しています。

平成21年6月施行の長期優良住宅の認定を受けると、住宅ローン減税については1.2%(平成23年まで)控除されます。(一般住宅の場合は1.0%)
その他、固定資産税・登録免許税・不動産取得税においても、減税があります。
→「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」についてはこちらをご参照ください。
→「法律・税制・融資の概要」についてはこちらをご参照ください。

普及モデルと先導モデルについて

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」
が平成21年6月に施行されましたが、
これに先駆け、「普及モデル」と「先導モデル」という事業があります。
これらはどちらも長期優良住宅を普及促進するための補助事業です。
「先導モデル」では先導的な材料・技術・システム等が導入され、長期優良住宅の7つの「認定基準」に加え、
構造材・羽柄材の国産材利用や地盤保証などがあります。
先導モデル仕様での認定を受けるとさらに、最大200万円までの補助も受けられます。
タケワキ住宅建設では、こちらの先導モデル事業にも対応しております。