施工事例

注文住宅

家族が寄り添って暮らす家

縁側から眺めるアジサイが綺麗です

ダイニングは、「ちょうどいい」スケール感で落ち着きます

和室の障子を開けると視線が抜け、リビングダイニングが広く感じられます

普段は襖は引込んで広々と。 閉めると来客室になります。

書斎はバルコニーに面して気持ちのいい場所に

和室の地窓からは光や風が入ってきます

手造りの洗面台

ガルバリウムのすっきりとした外観

コンパクトですっきりとした家ですが、このダイニングの大きさが何ともちょうどいいスケール感で、落ち着きます。

1階の和室もきちんと4.5畳のスペースをとり、大事な収納もここに用意しました。障子を開けると外まで視線が抜けリビングダイニングをより広く感じさせてくれます。

キッチンや食器棚、洗面も全て大工さんが作りました。その家に合った形とサイズ。システムキッチンのように引き出しがすーっと自動で戻ったりはしないけれど、木のぬくもりや香りのあるキッチンで住みながら自分の使いやすい形にしていく。それが木の家のいいところです。

建築内容: 木造軸組構法2階建
延床面積: 86.95平方メートル(約26坪)