施工事例

注文住宅

江戸川の家

ロフトの縦格子が空間にリズムを与えます

2重に重なる屋根が外観の特徴です

ベンチはカウンターテーブルとして使っても

コの字型につながる2階の縁側

大窓の前面は縁側状の段差が設けられています

タイルが素敵なキッチンの奥にもハイサイドライトから光が入ります

北側の壁はエンジ系の薄茶色で塗装しました

通り土間の床は、緑系の花崗岩で

江戸川の家は比較的人通りの多い道路からのプライバシーを確保しつつ、日当たりを生かすため、2階リビング型の間取りを採用しました。
1階の通り土間上部3階レベルには、格子のロフトが浮かびます。

2重に重なる屋根が外観の特徴です。
冬季の太陽熱を有効に利用するため、2階南は大きな開口部になっており、また夏のことを考えて庇が出ています。

南側1階はシングル風の木外壁、2階は竪ハゼの急勾配ガルバ屋根です。
2階の窓は空が映りこんで、青く見えています。こげ茶色の外壁との相性もばっちりです。

勾配屋根、垂木の並ぶ天井、茶色い木外壁、縁側、通り土間、障子など和をイメージさせる語彙を使っているので、一見すると町屋住宅の懐かしい趣きがありますが、その語彙が過去の伝統表現にはない形に翻訳されて、和とも洋ともつかない複雑な見え方をする住宅に仕上がりました。

設計:i+i 設計事務所
建築内容: 木造軸組構法2階建
延床面積: 98.34平方メートル
(約30坪)