TAKEWAKIブログ TAKEWAKIブログ

TAKEWAKIブログ
 

巣立ち

 

 

巣立ち ヒヨドリ
近くで鳥の鳴き声がするので、辺りを見回してよく見ると
玄関の前にある梅花卯木の枝にヒヨドリのヒナが4羽もいました!

 

どうやら巣立ったばかりのようす。
見ているとまだお母さん鳥が運んでくる餌を大きな口を開けて待っています。
とても可愛らしいです。

 

今日、初めてヒナがいることに気がつきました。
きっと、どこか近くに巣があるのだろうと思いますが、
周りを見渡してみても見つかりませんでした。

 

巣立ち ヒヨドリ
親鳥が遠くから見ていて「ギイギイ」と大きな鳴き声を上げていました。
私が近くでヒナをずっと見ているから、警戒しているのだと思います。

 

遠くからちゃんと我が子を見守っているのですね。
鳥だってちゃんと子育てをしていると思ったら
なんだか温かい気持ちになりました。

 

記:竹脇京子

 
 
 

バス旅行

 

お嫁さんが誘ってくれたので
お嫁さんと2人で新聞社主催のバス旅行に参加してきました。

 

バス旅行 日光東照宮

世界遺産の日光東照宮。
修学旅行の小学生が沢山いました。

 

 

バス旅行 日光東照宮
見ざる聞かざる言わざる 🙈🙉🙊
外国の人も沢山いらっしゃいました。
年配の外国人のご夫婦もいらしてて、とてもお洒落で素敵なご夫婦でした。

 

 

バス旅行 大谷石
こちらは大谷石の岩壁に掘られた高さ27mの大観音です。
かなり高いです。
足の指も5本あって、爪もありました。
よく見ると左の小指が欠けていました。
高い所からみんなを見守っているように感じました。

 

 

大谷資料館にも行きました。
地下の採掘場跡はすごく広くて照明も綺麗で神秘的なところでした。
初めて訪れましたが、感動しました。
幻想的で別世界のようです。
外は炎天下なのに地下の気温は10℃でした。

 

昔は保育所なんてなかったので赤子をリンゴ箱に入れて作業していたとのこと。
手堀り時代は150㎏もある石を一人で背負って階段を上って
採掘場から運び出していたそうです。
現在はトラックが通る道があります。

昔は大変な時代でしたね。

 

 

バス旅行 日光東照宮
お土産の大谷石で作ったカエルです。
カエルは「無事かえる」の言葉にかけて、旅行安全や福招きの縁起物とされています。

 

 

帰りの車中はビンゴ大会で映画のチケットが当たりました。
日帰りでしたけど、リフレッシュできて楽しかったです。
 
記:竹脇京子

 
 
 

ベタベタの原因は…

 

事務所に置いてある観葉植物の周りがベタベタしてて、
最初気がついた時は
樹液がすごいなあ…と思ったのですが、
どうやら樹液じゃなかったです。

 

ベタベタの原因はカイガラムシの排泄物でした(>_<)

 

えーっ!!排泄物だなんて…(^_^;) ショック。

 

 

真相を知ってなんか頭にきたので、とりあえず植物を水で丸洗いしてみました。
葉っぱを一枚一枚洗うとベタベタは無くなってスッキリ!!

 

 

後から駆除方法を調べてみると、水洗いで合っていたみたいです。

 

カイガラムシは殺虫剤の種類によってはほとんど効かないらしいので
見つけたらこまめに取り除くのが一番効果的です。
今は見つけたら速攻ウエットティッシュで拭いています。

 

予防としては風通しの良い場所に置くといいそうです。
換気は植物にとっても大事なのですね。
最近はエアコンをつけて窓を閉め切っていますから。
窓を開けないとダメですね。
当たり前のことができてなくて反省。
換気はちゃんとやろうと思いました。

 

記:廣木美奈子

 
 
 

野田の家 手刻み

先月の墨付けから進めていました、野田の家の手刻みがおおよそ完了してあとは上棟を待つばかりとなりました。
今回から新たにタケワキ住宅建設の社員大工となった荒木君が初めての墨付け・刻みを親方に教わりながら一生懸命に加工を行っていました。
一人前の大工を目指して第1歩を踏み出した荒木君にとって一生忘れられないと思います。完成まで一つ一つ着実に丁寧な仕事を覚えていってもらいたいですね。

 
 
 

紫陽花

アジサイの季節です。
今が一番の見頃ですね。
あじさい
何年か前に母の日にお嫁さんからもらったアジサイを
会長が色々なところに挿し木をしてたので
今年は至る所にたくさん咲きました。

 
 

あじさい
このアジサイは元々、紫色のアジサイを挿し木したのに
今年咲いたのはきれいなピンクの花でした。
アジサイは植える土によって色が変わるのですね。

 
 

あじさい

 
 

あじさい
会長が至る所に挿し木をしてるので
来年はもっと増えていると思います。

 
 

記:竹脇京子
 
 
 

新しい大工が加わりました!

4月よりタケワキ住宅建設に新しい大工が加わりました!

 

荒木大工

荒木大工です。

 

荒木大工は爽やかで礼儀正しく、仕事熱心な大工さんなのですが、、

まだまだ分からないことも多いので、思い切ってインタビューをしてみました。(o^―^o)🎤

 

 

Q.名前を教えて下さい。

A.荒木 春哉(あらき はるや)です。

 

Q.出身地はどこですか?

A.千葉県柏市です。

 

Q.趣味は何ですか?

A.音楽を聴くことです。洋楽、平井大さん、清水翔太さんをよく聴きます。

 

Q.特技は何ですか?

A.野球です。(学生時代は野球部に所属していました。)

 

Q.好きな食べ物は何ですか?

A.ラーメンです。(つけ麵が好きです。)

 

Q.座右の銘は何ですか?

A.今を楽しく生きる!

 

Q.学生時代に熱中したことは何ですか?

A.野球です。ピッチャー、ショート、セカンド、内野等、キャッチャー以外のポジションならどこでも大丈夫です!

 

Q.休日の過ごし方、最近はまっていることは何ですか?

A.海に行くこと、写真を撮ることです。

 

Q.この仕事を志したきっかけを教えて下さい。

A.7年前の東日本大震災で大工が少ないことを知り、大工の仕事をやってみたいと思いました。また、手に職を付け仕事をしたかったこともありました。

 

Q.仕事をする時に心がけていることは何ですか?

A.とにかく丁寧にやることです。また、次にやる時に少しでも早く出来るように心がけています。

 

Q.自己アピール、何か一言お願いします。

A.少しでも早く仕事を覚えて、何でもこなせる大工になるために頑張ります!

 

 

荒木大工

 

野球で培った真っ直ぐな心と丈夫な体、そして、とてもしっかりとした考えを持っている荒木大工です。

皆様、どうぞよろしくお願いします!

 

記:那須美樹

 
 
 

チバニアンに行ってきました

先日、千葉県市原市田淵の養老川沿いにある『チバニアン』に行ってきました。

チバニアン

 

 

 

『チバニアン』とは、ラテン語で「千葉時代」を意味する単語で、地球上の約77万~12万6千年前の年代に対して、日本の地質学研究チームが命名を提唱しています。国立極地研究所や茨城大などのチームは、養老川沿いにある約77万年前の地層を「国際基準模式地」として申請しており、認定されれば地質年代に日本由来の名前が初めて付くことになります。

 

46億年の長い地球の歴史には、恐竜絶滅といった大きな変化がみられたところを境に、「ジュラ紀」や「白亜紀」などの時代区分がされています。これらの区分は地層と化石の研究から名付けられたもので、ジュラ紀はアンモナイトや爬虫類が栄え、大形恐竜や始祖鳥が出現した時代ですが、この時代の地層が発達しているフランス〜スイスに広がる「ジュラ山脈」から名付けられました。同様に白亜紀は、アンモナイト・恐竜などが大繁栄した時代で、イギリスとフランスの間のドーバー海峡地域のチョーク(白亜)を含む地層から命名されました。

 

このような「ジュラ紀」や「白亜紀」などの固有の名称で呼ばれる地層が、特徴的に分布する地域を「模式地」と呼びます。今回注目されているのは、模式地として千葉が選ばれるかどうかという点です。

 

 

市原市田淵の養老川沿いにある「千葉セクション」と呼ばれる地層。地質学上「更新世」と呼ばれる時代の前期と中期の境目で、地球の磁場のN極とS極が最後に逆転した重要な節目とされています。

チバニアン

 

地球では、過去に何度も磁場が逆転する現象が起こっていますが、逆転は一気に起こるわけではなく、逆転したり戻ったりと不安定な変化を経て安定するとされています。今回、「チバニアン」が国際地質科学連合で認定されれば、模式層断面となる箇所に「ゴールデンスパイク」が表示されるということです。

 

 

さて、説明が長くなりました。m(_ _)m

チバニアン

今回は車で現地へと向かいました。

駐車場には、パンフレットや地図などが設置されていました。

 

 

チバニアン

チバニアンへとまっすぐに伸びる道。何だか、わくわくしてきました。

 

 

チバニアン

駐車場から5分ほど歩くと、養老川に出ました。

左側の細い道を数十メートル歩くと、チバニアンに到着します。

この日は、水量が少なく歩きやすかったです。

 

 

チバニアン

ついに!到着しました!!

 

 

チバニアン

磁場がふらふらしていた時代もあったのですね。不思議な感じがします。

 

 

チバニアン

試料を採取したとみられる穴が、所々にあいています。

 

 

チバニアン

 

チバニアン

赤い杭の打ってある地層が、77万年前の磁場が逆転していた地層だそうです。

一見すると、何の変哲もない川沿いの山肌ですが、、、

 

46億年前に地球が誕生してから、様々なことが起こり現在に至っているのですね。

改めて地球、そして自然の凄さと有難さを感じた一日でした。

 

 

記:那須美樹

 
 
 

初夏の陽気

今日も暖かい1日ですね。
暖かいというよりも暑い(;´∀`)
春を飛ばして一気に初夏が来た感じです。

 

明日は娘の入学式です。
天気が気になるところですが…。
明日は少し肌寒いかもしれないけれど、
雨は降らなそうなので…よかった。
卒業式は雨だったから(>_<)

 
暖かくなると、冬の間眠っていた木々が目覚め、
いっせいに花が咲き始めました。
 

事務所の入口の苺たち。

黄色い花が可愛いです。

クリスマスローズ。

 

ヤマブキ。

梅花卯木。

 
 
明日の入学式は桜がどれだけもっているかなぁ…。

 

記:廣木美奈子
 
 
 

『やす楽木(らぎ)はうす』4月上旬に見学会開催予定です。

『やす楽木(らぎ)はうす』は、

家族4人が伸び伸びと安心して暮らせる木の家です。

 

やす楽木はうす 外観

外観の紺色のガルバリウムが青空によく映えます。

 

 

階段

 

 

吹抜けとキャットウォーク

吹抜けからリビングへ太陽の光が燦燦と降り注ぎ、明るく気持ちの良い空間です。

 

 

完成見学会は、4月上旬に開催予定です!

 

詳しい内容は、また追ってお知らせしますね。

 
 
 

謹賀新年 2018

廣幡八幡宮

 

新年明けましておめでとうございます。

 

今年も毎年恒例の柏の廣幡八幡宮さんに、社員・大工一同で安全祈願のお参りに行って参りました。

今年は、髙月(前列一番右)がおみくじで大吉!を引き、幸先の良いスタートになりそうです。

 

昨年も無事故で無事それぞれの家をお引き渡しすることが出来ましたが、

今年もより一層気を引き締めて怪我無くより良い家造りを目指します。

 

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 
 
 

謹賀新年 2017

廣幡神社
 
新年明けましておめでとうございます。
 
昨日は、毎年恒例の柏の廣幡八幡宮さんに社員・大工一同で安全祈願のお参りに行ってきました。
 
昨年も無事故で無事それぞれの家をお引き渡しすることが出来ましたが、今年もより一層気を引き締めて怪我無くより良い家造りを目指します。
 
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 
 
 

エアコンのクリーニング

 
エアコンのクリーニング
 
やらなきゃ、やらなきゃと思いつつ
ずっとやっていなかったエアコンのクリーニング。
先週、やっとお掃除して頂きました。
 
アパート暮らしの時は毎回 パルシステム でお願いしていたのですが、
今回はエアコンを購入した マツドサンヨー さんでもクリーニングを
やっている、とのことでしたのでそちらにお願いしました。
 
我が家は壁が漆喰なので、クリーニングで白い壁が汚されないか心配で…(;´Д`)
漆喰の壁なので汚さないように気をつけて欲しい…と、お願いをしたところ、
とても丁寧にお掃除をして頂けました。
 
エアコンのクリーニング
 
リビングは高い場所に取付けてあるし、和室は壁が真っ白だし、
さぞかし大変だったことだと思います…(*_*;)
 
クリーニングに来て頂いた業者さんは以前に長年、生協でのお仕事もされていた
とのことで、その時の経験から
「エアコンのクリーニングは石鹸を使用しています。」
とおっしゃっていました。
「家庭で使用しているエアコンだったら石鹸でも十分汚れが落ちますし、
手にもやさしいからゴム手袋しなくても手荒れしないですよ。」
とのこと。
マツドサンヨーさんにお願いしてよかった、と思いました(*^^*)
 
洗い終わったバケツの水を見せてもらったら、真っ黒…💦
汚れているだろうなと思っていたけど、想像以上に汚かった(>_<)
我が家のリビングはキッチンとのワンルームだから、油汚れもあるだろうな…。
 
寝室とリビングとで2台、クリーニングしてもらったのですが、
同じ年数を使用していても寝室の方はそんなには汚れていなかったそうです。
リビングのエアコンは毎年のクリーニングが理想だそうで、
寝室は2年に1回でも大丈夫でしょう、と言われました。
 
石鹸でお掃除して頂いたのでクリーニング後は
すぐに爽やかな風を感じられました。(*^^*)
 
記:廣木美奈子

 
 
 
 
 

ページトップへ