TAKEWAKIブログ TAKEWAKIブログ

TAKEWAKIブログ
 

「景楽家」完成見学会

自然素材をふんだんに使った木の家が完成しました。
お施主様のご厚意により完成見学会を開催させていただきます。

景楽家

こちらの土地はとにかく眺めが最高の場所で、最初に敷地に伺ったときにこの眺めを「どのように暮らしの心地よさに取り込むか」考えを巡らせたことを思い出します。

リビングに座った時はもちろんのこと、ダイニング、キッチン、洗面そして浴室からもこの最高の眺めを味わえるようなプランになっています。

バルコニーも広くとって夏はお風呂あがりに夜景を眺めながら椅子に座って涼んだり、天気の良いお休みの日にはここでブランチをとったりといろいろな使い方が想像できます。

外壁も漆喰の玄関以外は全て杉の板張りで塗装はDIYでご家族で一生懸命塗られた想い出深い工事になりました。

家の中にも本棚のある階段や寝室やキッチンからの動線も使いやすく、かつ心地よさを取り入れていて楽しくて使いやすい空間になっています。

暖房はパッシブソーラーとペレットストーブで冬は太陽の恩恵を受けながら暖かく暮らすことが出来ます。

様々な工夫のある心地良い家を是非見にいらして下さい。

景楽家バルコニー


日時:平成27年3月14日(土)15日(日)  10:00〜17:00
場所:千葉市花見川区

☆車を停める場所が限られておりますため、周辺のコインパーキングに泊めていただけると有難いです。

 
 
 

「佐倉の平屋」 完成しました …続きです。

「佐倉の平屋」
先日、完成見学会が開催されました。
IMG_1726
寒い中にもかかわらず、たくさんの方にご来場いただきました。
IMG_1734
やっぱり子供たちに大人気のロフトです。
IMG_1724
ご来場頂きました皆さま、誠にありがとうございました。
ご協力頂きましたお施主様には心から御礼申し上げます。

次回は3月14日(土)・15日(日)に千葉市花見川区にて完成見学会を開催いたします。

また是非、弊社のつくる木の家を見にいらして下さい。
木の家の心地よさを体感してください。
お待ちしております(*^_^*)

記:廣木美奈子

 
 
 

「佐倉の平屋」 完成しました

「佐倉の平屋」が完成しました。
こちらの家は木組みの工法で造られています。
IMGP3251
IMGP3179k
一般的に木造在来工法は部材同士の接合部は金物やボルト、釘などを
使用してしっかりと固定します。
しかし、「木組み」 の家は骨組みづくりにおいて釘や金物などには頼りません。

「木組み」の家は木自体に切り込みなどを施し、木と木をがっしりと組み上げて作ります。
木と木を組んで作った骨格はとても丈夫で長い時間生き延びることができます。
もちろん大きな地震にも粘り強く耐えます。
DSCF6046
上棟の様子
DSCF6039k
上棟の様子
木はどんなに乾燥した材を用いても必ず時間経過とともに動きます。
なぜなら木は生きているから。
木は施工するまでに十分乾燥させておくことが必要です。
それは施工後の狂いを極力抑えるための下準備だからです。

しかし、乾燥させ過ぎると刻みのときに固くなりすぎるなどして、扱いにくくなります。
そのあんばいが難しいらしいです。
IMG_9085
刻みの様子

大工棟梁がチェックして木のクセを読みながら作り上げ、見えないところに細かな細工をして、
このクセが後に建物に悪さをしないようにします。
IMGP3273
家の中も自然素材をふんだんに使い、壁は漆喰仕上げです。
とても心地よい空間です。
やっぱり木の家っていいです(*^_^*)

記:廣木美奈子

 
 
 
 
 

ページトップへ