リフォーム

リフォーム全面リフォーム・増改築

住宅の一部を車いすの方も外食を楽しめる飲食店&レンタルスペースにリノベーション

店舗内はバリアフリーになっており、車いすが移動できるスペースが確保されています。

店舗入口。スロープでアプローチが出来ます。

店舗側から見た飾り障子。以前のお住まいで使用していた障子を再利用しました。

リノベーション前の飾り障子。以前は和室と廊下の間にありました。

店舗側から見た飾り障子。外部からの明かりとりになっています。

店舗の入口の4枚引き戸

トイレもバリアフリーで車いすでも使用できる広さです。

築45年の木造住宅の一部を、車いすも利用できる飲食店(空き時間でレンタルスペース)にリノベーションしました。

既存の良いところと雰囲気はできるだけ残し、落ち着いた雰囲気に。 以前使用していた飾り障子を店舗内に再利用しました。

車いすでの来店も出来るように入口までをスロープにしたり室内も段差なしのバリアフリーにしています。
テーブルは車いすの肘掛が天板の下に入り食事の時に出来るだけテーブルに近づけるように製作しました。

車いす来店に拘った理由は、お施主様が身内の介護をした経験からでした。
車いすの方も気兼ねなく外食を楽しめる場所を作りたい。 その想いに可能な限り応えたリノベーションです。

設計:スタジオ紡(http://www.studio-tsumugi.net/)
建築内容: 築45年
延床面積: -