タケワキ住宅建設社長ブログ タケワキ住宅建設社長ブログ

タケワキ住宅建設社長ブログ
 

大工育成塾 修了製作

貂。霎コ蝪セ逕滂シ狙convert_20121025183526
先週から今週にかけて、国家プロジェクト「大工育成塾」の最終年度となる3年生の修了製作が行われています。
弊社でも受け入れている渡辺塾生もこれまでの修行の成果を試される機会となります。
先日その様子を見てきました。(写真手前が渡辺塾生です)
貂。霎コ蝪セ逕滂シ胆convert_20121025183546
修了製作は全国の塾生全員が集合して、1軒の住宅を墨付けから手刻みまで行い、
最後に自分たちの手で組み上げます。
実際に住まわれる方がいる建物なので一つも間違いは許されません。
塾生達は皆真剣な表情でそれぞれの担当の部材を刻んでいました。
彼らはこれからの日本の木造住宅を守るべく、その中心となる人達です。
私たちも彼らの手業を駆使した本物の木の家造りを続けていけるよう様々な努力をして参ります。

 
 
 

大工育成塾 腕比べ

昨日・一昨日は国家プロジェクト大工育成塾の1,2年生合同実技研修が行われました。
IMG_2792_convert_20120317183304.jpg
集まった東京塾の塾生達は与えられた部位の墨付け・刻みを行い、
それらを最後に組み上げていました。
IMG_2804_convert_20120317183320.jpg
普段はそれぞれの工務店で現場で研鑽を積んでいますが、
各自がこれまでどのように修行してきたかが身なりや動きを見ていると良く分かります。
そんな中、弊社に来ている塾生は落ち着きがありますが、積極的に建て方に参加していました。
現在現役の大工さん達はこれからどんどん引退を迎え、数が年々減少していきます。
彼らは大きな期待を背負った将来の棟梁達です。
この大工育成塾も今年で10年目になりますが、今後ももっともっと沢山の若者達に来てもらって
今後の日本の木の家造りを守っていってもらいたいです。

 
 
 
 
 

ページトップへ