TAKEWAKIブログ TAKEWAKIブログ

TAKEWAKIブログ
 

幣束に飾られている「おかめ」のお面

先日、「悠遊はうす」の上棟式が行われました。

上棟式

上棟式は「建前」または「棟上式」とも言われ、

柱や梁、桁などの骨組みが完成した際に行う儀式のことです。

 

上棟式は、始めに棟梁が一番高い棟木に幣束(へいそく)を立てます。

(幣束は式の後、屋根裏に取り付けて保存されます。)

幣束

幣束には「おかめ」のお面が。

実は「おかめ」のお面には、少し悲しい物語があります。

 

昔、京都の千本釈迦堂(大報恩寺)の本堂を造営する際、

棟梁であった高次が柱の寸法を切り誤ってしまったそうです。

それを見た妻のおかめが枡組を用いたらどうかとアドバイスし、

無事に竣工させることができました。

しかし、おかめは女の提案で大任を果たしたことが知れてはと

上棟式を待たずに自害してしまったそうです。

高次は妻の冥福を祈り宝篋印塔(おかめ塚)を建て、

おかめの名にちなんだ福面を付けた扇御幣を飾ったとされています。

その後、大工の信仰を得るようになり

今日でも上棟式にはお多福の面を着けた御幣が飾られています。

幣束 おかめのお面

聡明で心優しいおかめが屋根裏から見守ってくれているかと思うと、何だか安心しますね。

 

「悠遊はうす」も、心優しい「おかめ」がこれからずっとお家と住まい手様を見守っていきます。

 
 
 

笑い文字

リフォームのことでお伺いしたお客様の娘さんが
“笑い文字” で会長と社長の名前を描いてくれました。

感謝やよろこびの瞬間を文字にしたものを笑い文字と表現しているそうです。
笑い文字の講習会があって、練習すれば誰でも描けるようになるそうですが、
こんな素敵な文字がささっと描けてしまうなんて、かっこいいです。

笑い文字
見るだけで心が暖かくなる文字ですね。
ありがとうございます(*^▽^*)

 
 
 

キャストサイン

 年季が入り過ぎていた道路際の袖看板をやっと新しくしました。
どうせ作るなら素材は木で!と思ったのですが、袖看板に木材だと耐久性が心配
ということだったのでそれは却下・・・。
看板の色に悩みましたが、こげ茶の背景に白抜き文字に決定。
白抜きの文字は夕方暗くなってからも良く見えるので、白抜きにして正解でした!

キャストサイン

 

 

そして、もうひとつ作ってもらいました。
こちらの看板は素材は木でも大丈夫ということなので、天然木で作製。
タモの木に塗装して手書きで作っていただきました。
こういう看板は 「キャストサイン」 というのらしいのですが、
ちょっとcaféっぽくてお気に入りです。

キャストサイン

 

 

看板の作製は鎌ケ谷にある 「一紺」 さんにお願いしました(^^)

 

年末が近づいてきて、やらなくてはいけないことが山ほどあるのに
気持ちばかりが焦りますね(^_^;)
コツコツやるしかありません。
皆様、お互い頑張りましょう!

 
 
 

「悠遊はうす」上棟

抜けるような青空の下、松戸市で施工中の「悠遊はうす」が上棟しました。

上棟式

冬至も近いこの時期は日が短いので、暗くなる前にいつもの養生まで行う必要がありますが、手際よくいつもよりも早く終えることが出来ました。

幣束
夕方には現場にて上棟式が行われました。

上棟式

子供達は立ち上がった木の家の中で忍者のようにあちこちと飛び回っていました。

上棟
中締めの後、K君、Aちゃんからプレゼントを頂きました。
将来は忍者になりたいそうです^^

I様おめでとう御座います。1日であっというまに形になりましたが、これから徐々に出来上がっていく様子を見て頂いて、お子さんと一緒に想い出に残るような家造りを一緒にして行きましょう!

 
 
 

全国木造建設事業協会千葉県協会 第3回総会

今回で3回目になる全国木造建設事業協会千葉県協会の第3回総会が千葉土建さんにて行われました。

Exif_JPEG_PICTURE

今年の夏には佐倉市で行われた千葉県の合同防災訓練にて仮設住宅のモデルの建て方を行い、行政の関係者の方々にも実物を見て頂く機会を頂きました。

来年はもしもの時の体制造りを重点的に固めて行く予定です。
平行して大工職方の名簿作りや宿泊施設の確保、重機の確保も進めて行きます。

普段からのこうした地道な積み重ねはいざという時にきっと役に立つと思います。
これも様々な関係者の方々の協力があってこそですので、これからも皆さんが力を合わせていけるように会長としてやるべきことを実行して参ります。

 
 
 

「つどいはうす」地鎮祭

冬の訪れを感じたピンと空気が張り詰めた朝、「つどいはうす」の地鎮祭が執り行われました。

つどいはうす 地鎮祭

こちらの家は弊社でいつも現場を明るくしてくれる高見大工の自宅になります。
自分の家を自分の手で造れることはとても幸せで楽しみでもあると思います。
上棟は年明けになりますが、早く始めたい気持ちでいっぱいのようです。

高見さん、おめでとう御座います。私も楽しみにしていますので、いつものように良い仕事を御願いします。

 
 
 

柴又の家 上棟

秋にしては暖かな陽気の元、柴又の家が上棟しました。
柴又の家 上棟

今回は一番の若手棟梁の篠塚大工が墨付け・刻みを行いましたが、2階の大黒柱も問題なく納まり、大工一同の協力で夕方には組み上がりました。

これから来春の完成に向けて丁寧な手仕事で造り上げて行きます。

K様おめでとう御座います。是非毎日見に来て頂いて出来上がる様子を楽しみにご覧下さい。

 
 
 

JBN全国大会in名古屋

今年もJBN(全国工務店協会)の全国大会が名古屋にて行われました。
全国大会名古屋
今回も500名を越える全国の工務店を始め、行政の方々や関係者が参加して盛大に行われました。
懇親会では河村市長も挨拶に来られ、名古屋弁の大きな声で場を和ませて頂きました。
2日目のシンポジウムでは各省庁の方々のこれからの施策について詳しい話を伺いました。
これから工務店はどのような方向に向かっていったら良いか、環境問題の観点から省エネルギーへの取り組みの必要性や健康に住まうための家の在り方等、やらなくてはいけないことが山積ですが、一つ一つ着実にかつ具体的に答えを出し続けていきたいと思います。

 
 
 

「ゆっくり時を刻む家」上棟

松戸で地鎮祭が行われた同じ日に四街道の「ゆっくり時を刻む家」の上棟が行われました。
天候にも恵まれ、夕方までにはいつものブルーシートで家全部をくるむ養生まで完了しました。
上棟後四隅のお清めと大工との顔合わせを行い、これから一緒に家を造っていく大工の紹介をさせて頂きました。
T様おめでとう御座います。お子さん達が大きくなった時に今日のことを思い出してくれると嬉しいですね。
日々出来上がっていく様子を是非記憶に残して頂ければと思います。
四街道の家上棟

 
 
 

フレンズ印西デイサービスセンター 開所式

先月完成しましたフレンズ印西デイサービスセンターさんが準備期間を経てオープンの運びとなりました。
オープンを前にこれまで関わって来られた方々を招待して開所式が行われ、私も出席させて頂きました。
初めの杉山社長のご挨拶ではこれまで支えてきてくれた方々への感謝の気持ちとこれからの展開についてのお話があり、これからこちらを利用される方への愛情も感じられました。
オープンに伴い新たにスタッフの方も入られましたが、その中に1人に弊社の大工の奥さんも今回一緒に働くことになりました。
何かあれば直接大工さんに伝わるので、働きながら建物について気がついたこと等遠慮無くこちらに話してくれると思いますので私も助かります。
太陽熱の空気式床暖房で日だまりのような温かな空間で、利用される方々も木の家でくつろいでいるような気持ちになると思います。もしお近くでデイサービスをお探しの方がいらっしゃれば是非お問い合わせ下さい。
HPはこちら
フレンズ印西開所式
~杉山社長と一緒に~

 
 
 

「悠遊はうす」 地鎮祭

秋晴れの週末、松戸市の「悠遊はうす」の地鎮祭が執り行われました。
DSC06893
お子さん2人の4人家族の木の家は1階も2階も回遊性のある奥様が使い易い家事動線と家族がいつも一緒に楽しく過ごせる明るく風が抜ける心地よい空間が特徴です。天井も床も無垢の杉板で木の香りがいっぱいの中での暮らしが待っています。これから来春の完成を目指して丁寧に造って参ります。

 
 
 

フレンズ印西デイサービス 完成しました

フレンズ印西デイサービス

自然素材をふんだんに使った、木の香りが漂う居心地の良い場所。人にも地球に優しい “フレンズ印西デイサービス” が完成しました。11月にオープン予定です!

暖房設備には太陽の熱で建物全体を暖めるパッシブソーラー “そよ風” を搭載しています。
“そよ風” は屋根に降り注ぐ太陽の熱を床下に集めて自然なエネルギーを利用して床暖房をします。ほんわかとした、まるで日溜まりのような暖かさです。

夏は逆に暑い空気を軒下から外に排気する働きがあるので部屋に熱がこもらず、快適に過ごすことができます。

 

個室も木の香り漂う居心地の良いお部屋です。
フレンズ印西デイサービス

 

フレンズ印西デイサービス

 

フレンズ印西デイサービス

 

 

フレンズデイサービス

建物の中に入ると木の心地よさに 「うわ~、すごくいい!!」 と思わず声を上げてしまいました。これからたくさんの方に “フレンズ印西デイサービス” で心地良い時間を過ごせてもらえたらいいな、と思います。

 

随時、ご見学もできますので、ご興味がありましたら下記までお気軽にお問い合わせください。10月24日(土)25日(日)の2日間はプレオープンとして、ご利用者様のお試し利用及びケアマネージャー様の施設見学をお受けします。

 

有限会社フレンズ印西
TEL 0476-48-1575
E-mail : friends_inzai@polka.ocn.ne.jp

 

フレンズ印西デイサービス
所在地:印西市草深2302-3
( 南環状線、原小学校グラウンド付近信号を南に入り300m)

 
 
 
 
 

ページトップへ